黒い道
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

山頂の街には湿地帯が多い。
徐々に乾燥が進んで、木が生え、陸地化していく途中の場所。
小ずるい人間が、こんな所をチョチョッと埋め立てて、見栄えを良くして分譲したりするけれど、雨が降れば下から水が湧いてきたり、浄化槽の水が排水できなくてトイレにも入れなかったり⋯。
快適な場所ではない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

関連記事