鞆の浦の街並み2
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

古い商家には、その歴史と富を競うかの様にお宝やガラクタが眠っている。
それらを展示している所も多く、この時季の鞆の浦は町全体がひな人形で賑わっていた。
(写真では人がいないけど⋯)

古いひな人形1

古いひな人形2

古いひな人形3

私は無作法なもんで、由緒正しい人形よりも⋯

路地の看板

こういうのとか、

古い電話ボックス

こういうのに興味が湧く。

鞆の浦の港

古いお蔵で埃や少しかび臭い空気を吸った後は、港で深呼吸。

ロープ

ここでも港の景色より、こんなものの方が気になってしまったりして。

狭い範囲なので、2,3時間あればひと通り見て回れる鞆の浦。
無計画だから見落とした場所もあると思うけど、とりあえず今日の目的地倉敷へ向かうことにする。
その前に食事と思ったけど、これがなかなか見つからないんだなぁ⋯。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

関連記事