鞆の浦バス停
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

福山城を散歩して駅に戻ってきたところ、数分後に鞆の浦(とものうら)に向かうバスが出発するらしい。
私がまだテレビ局に勤めていた頃と今から数年前の2度、ロケの候補地に挙がりながらちょっとした理由で中止になって訪れることができなかった場所だ。
バスに飛び乗り揺られること30分。イカのマークの鞆の浦バス停に到着した。

鞆の浦の船

バス停の前の観光案内所で散歩地図をゲット。防潮堤に広げておおよその位置関係を頭に入れる。

漁港のサギ

サヨリのひもの

どこに行こうか考えるまでもなく、あたりには撮りたいものがいっぱい。

対潮楼からの眺め

江戸時代に朝鮮から来た通信使が「日本一の眺め」と称したという、対潮楼。

朝鮮通信使の人形

「日本中見たのかい?」
展示してあった朝鮮通信使の人形たちにツッコミを入れてみたが、カールおじさんみたいな顔で腕組みをしているだけなのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!
関連記事