天空の新築別荘
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

十数年前にすでにうち捨てられていた標高2000mの別荘地の頂上の新しい建物。
ここはゴールデンウイークまで道路が冬期通行止めだけど、悪いロケーションじゃないし、将来的に渡って水道などのインフラが確保できるなら、これはこれでアリでしょう。
でもよく見ると、建物を支える脚が異様に細い。数も少ない。そして使われている木が古い(?)
これで冬の雪の重さに耐えられるのだろうか?

(追記:訂正)
この建物、よく見たら以前にも撮影したことのあるもので、当時は木が邪魔で下からは見えなかったのかもしれない。
2014年か15年頃には車が止まっていたりしたけれど、今は人の気配がない。

天空の別荘2

この角度から見ても、やはり脚が細い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

関連記事