油屋旅館
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

中山道と北国街道(ほっこくかいどう)の分岐点に位置する追分宿。
このあたりでは最もメジャーな宿場町と思いきや、往時の面影はほとんど無い。
宿場町としての繁栄から、文人などがこぞって避暑に訪れた時代、別荘人御用達の店が並んだり、避暑地の雰囲気を味わう観光スポットになったりと、その時々に応じていろいろな変遷を経たため、あらゆるものが中途半端。その結果、今やかなり寂れた感じになっている。
ただ、それも考えようで、移りゆく時の流れを静かに感じることのできる街になったとも言える。

追分の骨董品店

追分宿には骨董品店が多い。
古くからの別荘の取り壊しなど、隠れたお宝が掘り出される機会が多いせいかもしれない。
目利きだったらなぁ・・・と思うこともあるが、私はあまり中古品が好きではない。(手作りや作りの良いものは好きだけど)

サザエさんの家

サザエさんの家みたいじゃないですか???
昭和の香りですね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。
関連記事