塩名田宿
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

中山道で千曲川を渡る手前(江戸側)に位置する塩名田宿。
かなり早くから渡しではなく、橋がかけられていたらしい。

塩名田宿フカン

ただ、激流で橋が流されることも多かったという。
地元の人々の橋普請も大変だったようだが、橋が流されれば否応なく逗留せざるを得ないので、痛し痒しで発展した宿場というところだろうか。

塩名田宿木造4階建て

川の近くには木造3階建ての建物が多いが、旧国道沿いには木造4階建てなんていうのもあった。車道が河岸段丘の上の方を通ったため、道路に面して入り口を付けるために増築したものだそうだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。
関連記事