小田井宿の家
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

中山道に小田井宿という小さな宿場町がある。
江戸時代から現在まで人々が普通に暮らしている宿場町。歴史的な建物のいくつかは「町指定の文化財」にされている。
だけど、ぽつりぽつりと点在するこれらの建物では、今どき観光客は呼べない。

小さな入り口

先日撮影した海野宿のように「町並み保存地域」に指定され、町の進化を止めるくらいでないと、観光で食っていくことはできない。
そんなジレンマの中、これらの建物がいつまで維持できるのか…。

あめの小林

江戸時代あり、昭和のたたずまいあり、もちろん平成の混沌も…。
個人的には、時代の流れの見える宿場町も好きだったりする。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。
関連記事