遠近両用

子供の頃から遠視だ。
遠視の場合、若いうちは目の筋肉で調整ができてしまうので眼鏡がいらないことが多い。
私が眼鏡をかけ出したのは4年前。遠視用のレンズは凸レンズだから、周囲の人の「お?いよいよ老眼?」なんていう言葉に「いいえ遠視です!」なんて、いちいち反論していたのだった。
このひと月ほど何となく眼鏡の度が合っていないようなので、眼鏡屋に検眼と眼鏡の新調をしに行った。それで勧められて作ったのがこれ。遠近両用である。レンズからオーダーして一番薄い作りにしてもらったので、見た目には眼鏡屋さんでさえ遠近両用とはわからない。
ただ、「遠近両用」といえばこれはもう「遠近両用」以外の何物でもなく「遠視用です!」という反論ができないことことが、私にとって最大の問題だったりする。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。
関連記事