お堀の展望
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

十数年前、私が都内での住居をこの地に選んだのは、都心とは思えないほど空が広かったからだ。
でも、経済優先の世の中は、いつまでもそんな感傷を許してくれはしない。

新しい街

「再開発」の名の下に低層の建物は壊され、広大な新しい街が空に向かって伸びていく。
そこにあるのは都内ならどこにでもあるような風景。
カメラを持って彷徨ってはみたものの、撮りたいものは見つからない。

古い町
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

それよりも、続く再開発でまもなく消えるであろう風景に目がいくのは、私がオヤジだからだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事