木陰でしりとり
X-T1+XF10-24mm F4R OIS

580gの超未熟児で生まれて、将来は立つことも喋ることもできないと言われていた娘。
もうすぐ7歳となる今、装具のお世話になりながらも走り回るし、うるさいくらいに喋りまくっている。

親が面倒になって相手にしなくなってしまうと、息子がその煽りを食らう。
息子もいい加減話すことがなくなると、二人でしりとりが始まる。
同じ言葉を何度使っても良いという娘限定の特別ルール。
おかげで、その達者な口は本人が疲れて眠りに付くまで、延々と動き続けるのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事