油や
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

堀辰雄をはじめ多くの文士にゆかりの深い、信濃追分の油屋旅館。

油屋本館

この数年は宿泊する人もなく荒れ気味だったが、先日ギャラリーやカフェ、格安の宿泊施設などとして生まれ変わった。

新旧油屋

去り際、新しい看板の後ろを覗いたら・・・。
古い書体の方が良いなぁなんて思うのは、私だけ??

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事