山椒
GR Digital 2 山椒の見分け方

先日行った神楽坂のレストランの入り口に山椒の木があった。だけど、よく見るとイヌザンショウだ。
サンショウもイヌザンショウも見かけはほとんどいっしょ。イヌだからって毒ではないから特に問題はないのだけれど、本当の山椒よりも香りがかなり弱い。

初めて訪れるその店で注文したのは和風ハンバーグ。料理を運んできた女の子が厳かに言う。
「ランチの和風ハンバーグ、自家製の山椒添えです」
自家製の山椒ってまさにアレである。だけど、そんなことに気付いたのはどうやら私だけらしく、周囲のおしゃれなオバサマ方や恰幅の良い紳士の皆様は、それなりに満足げにイヌザンショウののったハンバーグを食しているのであった。

ちなみに、香りの強さ以外でサンショウとイヌザンショウを見分ける方法は、トゲの生え方くらいしかない(知らない)。写真のようにトゲが対になっているのが本物のサンショウだ。イヌザンショウは片側ずつずれてトゲが生えている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

関連記事