永代橋から
LEICA X2

「自分流」は、ある程度の基礎があって、そこに自分なりのアレンジを加えたもの。
「自己流」は、基礎から自分で体得したもの。
「自分流」の方はある程度の基準がある分、当の本人にも安心感があるが、
「自己流」にはいつも迷いや不安がつきまとう。
「自己流」で迷いがない人のことを、「天才」もしくは「世間知らず」と呼ぶのだと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事