そば屋の看板
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

こういう看板は個性的で良いのだけれど・・・。

最近の道路工事の看板は、どうしてああも見難いのだろうか。
何だか不必要にばか丁寧に文章で書かれていたりして、通り過ぎる一瞬じゃ、どこで・いつ・何をしていて・どんな影響があるのかさっぱりわからない。
看板に目を凝らしていたら、危険ですらある。
「この先工事通行止め」「この先工事予定 *月*日〜」だけで良い。
記号やアイコンで伝わるなら、その方がさらに良い。
気持ちのないお詫びの言葉や、日頃のお礼なんてどうでも良いから、要件をわかりやすく書いて欲しい。
それが本当の伝える気持ちだと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!