伝える気持ち

そば屋の看板
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

こういう看板は個性的で良いのだけれど・・・。

最近の道路工事の看板は、どうしてああも見難いのだろうか。
何だか不必要にばか丁寧に文章で書かれていたりして、通り過ぎる一瞬じゃ、どこで・いつ・何をしていて・どんな影響があるのかさっぱりわからない。
看板に目を凝らしていたら、危険ですらある。
「この先工事通行止め」「この先工事予定 *月*日〜」だけで良い。
記号やアイコンで伝わるなら、その方がさらに良い。
気持ちのないお詫びの言葉や、日頃のお礼なんてどうでも良いから、要件をわかりやすく書いて欲しい。
それが本当の伝える気持ちだと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

警告

熊出没
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

我が家の入り口にこんな看板が立っているおかげで、毎日とても静かに過ごせる。
これだけ静かだと、クマも安心してやって来るんじゃないか?
で、再三出没すると、もっと静かになって・・・。
出るのが良いのか悪いのか?自分でもわからなくなってきた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

行かないで!

裏塀
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

コロナ第1波の時、あちこちの自治体で「首都圏人来るな!」の声が上がった。
第2波目前の今、埼玉県知事が「東京へは行くな」と呼びかけている。
この二つ、似ているようで大きく違う。
後者は自県民に自制と自己責任を訴えている、前者は他所の人をおとしめ責任を外に転嫁している。

第1波では、感染地帯から来た人にうつされた人よりも、自ら感染地帯に行ってもらってきてしまった人の方がはるかに多い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!


ご都合

イギリス大使館脇
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

以前にも書いたけど、放射線量にしろ、コロナ感染者数にしろ、基準とか指標を恣意的に変えるのがニッポンのお上。
今回は変えるどころか、そもそも基準を設けないと・・・。開き直っちゃったのか?
ここまで来ると「蚊はコロナを媒介しない」っていうのも本当か?と疑いたくなる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

田舎道

骨董品の家1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

田舎の空いている道が好きな理由は、思い立ったところで車を停められることだ。
こんな大好物があったら、即停車。

骨董品の家2

前に車がいるのは気分が悪いけど、後ろに車がいると停めにくい。
どちらも満たせる道を求めて、信州の田舎道を走る。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!