通せん棒
LEICA M10-P+NOKTON40mm F1.2 Aspherical

ネットメディでは、お笑い芸人の闇営業問題で雑誌に掲載されている写真の入手方法が話題になっている。
お金で買ったり、交流のあるその勢力の人から入手したなら、当の芸人達より問題なのではないかと。

もし、マスコミが記者会見などの「公式発表」と「善意の情報提供」だけで記事を書いていたら、進行中の悪事はほとんど表に出てこない。だから取材源の秘匿が認められている訳で、この記事は出版社にとっては崖っぷちのちょっと内側という判断だったのだろう。

ただ結果的にこれらの記事が、事情をよくわかっていない芸人を叩いて終わったとしたら、それは崖の外だと捉えられても仕方ない。
あぶり出すべきものをあぶり出し、本当の問題がどこにあるのかを明確にする使命と引き換えに与えられた「マスコミの特権」なんだから、正しく使わないとね。

⋯なんて、知らない顔ばかりに再編集された、深夜のバラエティ番組を見ながら思ったりする夜なのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!