霞が関ビル1
LEICA M10-P+NOKTON40mm F1.2 Aspherical

私の世代で「超高層ビル」といえばまず思い浮かべるのが霞が関ビル。
小学校の社会科のテストで出題された記憶がある。
巨大なものを表現するときに「霞が関ビル何杯分」という表現がよく使われていたのも忘れられない。
36階建てだから、今となってはそこいらのマンションより低いけど、オフィスビルとしてはまだ立派に現役だ。

霞が関ビル2

このビルに勤める知人によると、ビル内他社との交流がかなり盛んらしい。
ビル内合コンとか、ビル内結婚とか、ビル内不倫とか・・・。
「他の新しい再開発ビルとは違うよ」という、そんなオーラを放っているビルである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!