凍るカラマツ
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

ここへ来るまでの山道で見かけた車、3台。どれもイノシシ猟のハンター達だ。深い新雪につけられた轍を見ると、この先にもう一台ジムニーがいるはずだ。
イノシシ猟はチームで四方からイノシシを追い詰めて捕らえる。つまり、私はライフルを持った猟師達のまっただ中で写真を撮っていることになる。

そう考えると怖いような気もするが、逆に安心材料でもある。
来る途中で見かけた3人とは会釈程度だけど挨拶はしているから、彼らも一般人が同じ山にいることは知っているし、この先に行った1台は、猟が終わればこの道を帰ってくる可能性が高い。もし私がどこかでスタックしたりしていたら通りがかりに気付いてくれるだろう。

猟は不調だったのか、私がこのあたりにいた2時間ほどの間には一発の銃声も聞こえなかった。
私のジムニーもスタックすることなく、昼過ぎには麓の温泉の駐車場にいた。
さて、残りの半日何をしようか。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!