Live View

ライブビュー
LEICA M10-P+NOKTON40mm F1.2 Aspherical

M型ライカでLive Viewなんて⋯って思っていたけど、意外と便利。
NOKTON40mmは50cmまで寄れるけど、70cmより近くはレンジファインダーじゃピントが合わせられない。
でもLive Viewを使えばOK!なんて今さら喜んでいる私もどうかと思うが。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

尾行

キジの足跡1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

朝、外へ出てみたらキジの足跡を発見!
ヒマだったので跡を付けてみた。

キジの足跡2

クネクネ・トコトコ。
キジって鳥のくせに飛ばずに走ってばかり。

キジの足跡3

でもやるときにはやる。
2本の足を揃えたところで、ジャンプ!
豪勢な羽音を立てて飛び上がる姿が目に浮かぶ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

突差の判断

橋の下から
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

自転車で踏切に閉じ込められた男性が間一髪で助かる動画がYouTubeで話題になった。
この動画の撮影者はテレビの取材に、
「突差の事で、もう、どうしたら良いかわからなかった」
と答えていた。
どうして良いのかわからなくて、突差にスマホを構えて、カメラを起動して、動画を撮って、YouTubeにアップした???
なんか、人の行動が理解できない世の中になってきた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

試練

試し撮り1
D-LUX7

昨日に続きスーパーサブの試し撮り。
家内からは、もう買っちゃってるんだから試しもクソ(失礼)もないという指摘も。
なるほど、一理ある。

試し撮り2

実践とちょっと違うのは、逆光とか明暗差とかの試練が続くこと。
さすがに水に浸けたり、落としてみたりはしない。

試し撮り3

試し撮りで気に入らなかったらどうするのか?
以前の私なら物置にしまって放置だったが、最近は下取りという手段を覚えた(^_^;)ので、早めにGood-bye! かな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

スーパーサブ登場

小石川後楽園1
D-LUX7

数日前にGRの事を書いておいて何だけど、D-LUX7を衝動買いした。
M10-Pと一緒に持ち歩くサブカメラが欲しかったのだ。
これまでLEICA QやX-Pro2、X100T、RX100V等をM10-Pのサブカメラとして持ち歩いてみた。
でもLEICA Qだとメインが2台になったみたいで落ち着かないし、X-Pro2はズーム付きで持ち歩いたこともあってデカすぎ、X100Tは35mmなのでM10-Pのレンズと被ることが多く、RX100Vは小さすぎて使い勝手がいまひとつ。

小石川後楽園2

そこで、画像処理でM10-Pと相性が良さそうで、ちょっと小振りで、多少のズームが効くこのカメラに白羽の矢を立てた次第。

小石川後楽園3

早速近所の公園で試し撮り。
RAW撮影でとりあえず純正のバッチを当てただけの3枚。
これは⋯メインでもいけるんじゃね?が第一印象だ。

いずれ不満点は出てくると思うけど、その辺りはまた後日。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

変化

どんより浅間山
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

近ごろ、
パキッとした青空よりもドンヨリとした曇り空、
できたての新しいものより壊れゆくもの、
はっきりとしたものより曖昧なもの、
きちんとしたものものより少しだけ乱れたもの⋯
そういったものに興味が行く。
気分の問題なので、そのうちまた変わるだろうけど。

壊れたドッグラン

雲間から下界
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

GRの戻る場所

自撮り
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

ディスコンだと思っていたリコーGRの新製品が発売されるらしい。
5〜6年前にGR使いのよりどころになっていた公式ブログが閉じられ、同時に私も長年付き合ってきたGRを手放した。
やる気のなくなっちゃったメーカーの製品に未練はなかった。
ほぼ同時期にLEICA Q (TYP116)が発売になったのも理由のひとつ。
それ以来、写りすぎるGRよりちょっと癖のあるLEICA Q (TYP116)が私の28mmにデ〜ンと座り続けている。

今回の発売に合わせて休止していた公式ブログも再開したが、ただのコンパクトカメラの公式サイトにしか見えないのは私だけか?
ポケットに入るカメラが欲しいとは思うけど、このカメラを購入するかどうかは製品が出てみないとわからない。今までだったら当然のように発売前に予約をしていたであろうに⋯。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

柴1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

桃太郎のおじいさんが山へ刈りにいったののは「芝」じゃなくて「柴」だ。
たきぎにするための小枝のことで、「そだ」ともいう。

柴2
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

ちょっと山に入るだけで大量に取れるので、我が家でも山に越して来た頃は使っていた。
でも火付きが良い分すぐに燃え尽きる上に、灰の量が多いのですぐに使わなくなってしまった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

防寒

冬の内山牧場
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

私は手袋が苦手だ。普通よりかなり手が小さいので手袋をすると何も細かい作業ができない。
仮に手袋をしてきたとしても、カメラを構えるときには外すことになる。歩きながら撮影するような時には結局手袋をしていない事が多い。おまけに外した手袋をなくさないか心配で、頻繁にキョロキョロ。
そんなだったらしない方がいいや!と、大抵はカメラバッグのポケットにしまったままだ。

この時も手袋をせずに外へ出てしまった。
気温は-14度。風もあるので体感気温はもっと低い。
保温下着にフリースを着て、暖パンに防寒ブーツを履き、ダウンジャケットを羽織っているので、体のほとんどの部分は寒さを感じないのだけど、手と頭が寒い。

最近はカメラにも防寒ジャケットがある様で、高機能バージョンになると使い捨てカイロを併用するらしい。
電気仕掛けのカメラは過保護だなぁと思わなくもないが、こればかりは気合で乗り切るわけにも行かないので、必要だったら躊躇なく着用するしかない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

理想郷という名の場所をブラライカ

鵜原理想郷1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

外房に鵜原理想郷という私の好きな場所がある。
別荘地としてこの地を拓いた人の想いが残る素敵な地名。

鵜原理想郷2
X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR

鵜原理想郷4

ただ、他のほとんどの開拓別荘地同様、その想いは人々に伝わらず、

鵜原理想郷5
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

強者どもが夢のあと⋯というか、強者だった時期があったのかどうかもわからない。

鵜原理想郷3
X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR

そこがまた私の好きなポイントのひとつなのだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

400x32x16

日食グラス
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

息子のつきあいで日食観測。
息子は日食グラスを持っているが、私はないので⋯

ND三段重ね
iPhone X

ND三段重ね。
400・32・16の3枚でND204,800。
画質は落ちるけど、元々薄雲がかかっていたので気にしない。

日食ピーク
EOS 5D MarkIV+EF28-300mm F3.5-5.6L IS

観測優先のここからだと空の太陽は見えるけど、写真的に何の工夫もできない。

日食ピーク過ぎ

欠けのピークを過ぎたあたりから雲が濃くなってきて、終了。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

モノクローム

モノクロスナップ1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

高校時代、合格祝いとなけなしの貯金をかき集めてニコンのF2と50mmF1.2のレンズを買った。
おかげでフィルムや現像・プリントに掛けるお金がなくなって、いつも空シャッター。

でも高校が進学校だったのが幸いした。受験に関係ない授業はテキトーな感じで、美術に至っては、年度末に何か作品を出せば好きなことをやっていいという。
私が「写真をやりたい!」と提案したら、3人集めれば現像セットと引き伸ばし機を学校の予算で買ってくれるとのこと。

そこで、あまり写真に興味のなさそうな同級生2人を「絵や彫刻と違って一瞬で撮れる」とか、「余った時間は受験勉強してれば良い」とか、ともかく楽だということを前面に出して勧誘し、無事、学校内に暗室を確保した。
フィルムや薬剤、印画紙も支給されるし、しかも他の2人は写真に興味があるわけじゃないから、実質使うのは私だけ。カラーは処理が難しいので、モノクロ限定だが、それで充分だ。

モノクロスナップ2

かくして高校の2年間は(3年目は美術の授業がない)モノクロ写真の日々を過ごした。
その反動か、その後はどちらかというとカラー好きになってしまって、デジタルになるやパッキリクッキリの極彩色専門。
でも少し飽きてきたし、もっと幅も広げたい。
そこで今年はモノクロや淡彩色を少し増やしてみようと⋯。

そんなわけで下手くそな写真がアップされると思いますが、是非ご指導・ご鞭撻の程お願い申し上ます。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

あけましておめでとうございます

浅草寺
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

本年もよろしくお願いいたします。

※12月中旬 浅草寺仲店で撮影。
 年賀状用の写真に間に合う様にしてくれたと思うくらいに、すでにお正月。

仲店スナップ

今年は少しひと気のある写真を増やそうと思ったり、思わなかったり⋯。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!