最奧部

水路観光
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

都心の川を行く水路観光の船がだいぶ増えた。これもインバウンドの影響か?
ここは日本橋川と神田川の合流地点、おそらく水路観光では最奧部。
私には未だ近所のドブ川のイメージが抜けないが、臭う川も気にならない人には気にならないのだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

見識がなくて・・・

六本木
iPhoneX

働き方、ハラスメント、LGBT・・・見識のない私にはわからない事が多い。
せめてどこかでわかりやすい議論でもされていれば自分の考えも持てるのだけど、今は議論すら許されない風潮だ。
仕方ないので見識のある方に教えを請うと、帰ってくる答えは大抵同じ。
「そういう時代なんだよ!」
かくして私の見識はいつまでも深まらないままである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

あ、それ逆!

山椒干し
X-Pro2+XF35mm F1.4R

一週間位前の写真にある秋山椒をお裾分けした知人から連絡があった。
説明通り種を取り出してすりつぶしたけれど、何の香りも味もないという。
どうやら、取り出した黒い種をすりつぶして食したらしい。
あらら・・・、すりつぶすのは種を取り去った皮の方だ。
でももうあとの祭り、皮は当然ゴミ箱に。また来年のお楽しみに!と笑い話になった。

秋山椒の実は日に干すと写真の様に黒い種が飛び出してくる。
この種と小さな枝などを取り去ってすりつぶすと、強烈な香辛料になる。
我が家は潰すのにペッパーミルを使うので、種を少し混ぜてつぶつぶ感を楽しんでいる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!


秋桜

秋桜
EOS 5D MarkIV+EF50mm F1.2L

秋桜と書いて「コスモス」と呼ぶのはさだまさしのあの曲以来だといわれている。
まぁネタとしては面白いが、もともとコスモスの和名が「秋桜(あきざくら)」だったわけだから、歌詞でよくある「運命」を「さだめ」と読ませたり、古くは「紅葉」と書いて「もみじ」と読ませたりするのとあまり変わらない。
だからといって、もちろんあの曲の価値が下がることは全くない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

期待

日差し
X-Pro2+XF35mm F1.4R

大坂なおみの活躍に期待するなら、マスコミの過剰な追っかけとか、どこも同じ様なことを聞くインタビューとか、くだらないバラエティの出演依頼とかをやめて、体調管理と試合に集中させてあげられないのかと、つくづく、つくづく、つくづく思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

コドモノタノシミ

ヤマボウシの実
EOS 5D MarkII+EF100mm F2.8L IS Macro

そろそろ終盤のヤマボウシの実。
見かけと違って自然のものとしては(下線部注)結構美味しい。
よくマンゴーの実に似ているといわれるけど、ちょっと褒めすぎな気がする。
我が家ではジャムにするほど採れないので、気が向いたときに一粒、二粒食べる。
子ども達にもそれくらいまでなら評判が良い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

オトナノタノシミ

秋山椒
EOS 5D MarkII+EF100mm F2.8L IS Macro

庭の山椒の実がはじける寸前だ。
この中の黒い種を取り出してからすりつぶすと、春の山椒とは比べものにならない位に辛い。
和洋中どんなものにも合う万能香辛料。
子ども達は嫌がるが・・・まぁそのうちわかるよ!このうまさ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

守り神

守り神
X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR

由緒正しい神社の守り神・・・なんだけど、カワイイ。
色合いのせいかもしれない。
そういえば、スペインの歴史的彫刻も着色したら可愛くなっちゃった。
「台無し」と言われているが、いずれまた色あせたら、その時代の人が塗り直す。
それが歴史なんじゃないか?という気がしないでもない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

オーラ

ブナの大木
EOS 5D Mark IV+EF17-40mm F4L

カラマツの山道を走っていて見つけたブナの大木。
そのまま通り過ぎることはできず、道端に車を停めて根元へ。
息を呑む存在感は、一度で写し込めるわけがなく、カーナビに場所をプロット。
またひとつ、通いたい場所が増えた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

案内

橋と川
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

Canonの案内状が2通来た。
ひとつが現マウントの70-200mm F2.8の発売。もうひとつがフルサイズミラーレスと新マウントの体験会。
前者の2日後が後者。
これって狡猾なのかアホなのか?
逆はあり得ないにしても・・・社内分裂かな?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

新マウント

木の向こうの滝
EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F4L IS

EOS用の70-200mmのレンズは古いF4しか持っていないので、もうすぐ発売されるF2.8が欲しいなぁ・・・と思っていたところに、キヤノンから新マウントの発表があった。
どうやらカメラ専業メーカーのフルサイズ機もミラーレスに本格的に舵を切ったようで、F2.8の購買意欲は音を立てて崩れ、飛び散った。
どうせマウントが変わるならキヤノンに拘る必要があるのか?なんて考えるのは私だけじゃないだろう。
出揃ってくる各社の製品から目が離せない、苦しくも楽しい日々がやってくる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

線ヶ滝

線ヶ滝
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II

群馬県の山奥にある線ヶ滝。
「せんがたき」と呼ばれる滝は全国にたくさんあって大抵は「千ヶ滝」と書く。
多くは「お千」という女性に由来する命名らしいが、線ヶ滝はひと目でその形状からきた名前だとわかる。
・・・と思ったら、滝の入り口の説明によると、この滝の名前の由来も「お千」だとか。
恐るべしお千なのである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

少子化対策

森

大学卒業は22歳、修士は24歳、博士は27歳、医師・弁護士になれるのは早くても24歳・・・、悠長なものだ。
能力次第で18歳くらいから社会の第一線で働けるようにしたら、社会全体が若返って少子化対策にもなるんじゃないかと思うが、ダメなのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!