ひまわり

ひまわりC
LEICA M9+ELMARIT-M 1:2.8/28 ASPH.

常識的な知識で間違っている事というのがいろいろある。
以前書いた「セミは地上に出てから一週間しか生きられない」という常識もそのひとつ。
実はひまわりの花が太陽を追いかけて向きを変えるというのも間違いだそうだ。
つぼみができるまでの葉や茎は太陽を追いかけるように向きを変えるが、花になったら東を向きっぱなしというのが本当の事らしい。
つまり、青空に咲く様子を撮りたかったら午前中に、逆光でドラマチックに撮りたかったら夕方と、日本全国どこでもわかりやすいのがひまわりということになる。

・・・山頂の街では今頃ひまわりが満開 (^_^;

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

これといった特徴のなかった街をブラライカ 2

角のポスト
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

(昨日の続きです)
森さんのイメージをなぞるようにして、谷根千は人気の地域になった。

表具店

本来なかった(少なくとも主張しなかった)はずの、ある種のあざとさを漂わせながら。

ラストスパート

空き地で見かけた看板。
誰に向けた何のためのものか見当がつかないが、協力しない1割とひと悶着起こしたいのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

これといった特徴のなかった街をブラライカ 1

猫注意
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

東京の谷中・根津・千駄木界隈、いわゆる「谷根千」。
30年以上前、森まゆみさんがこうネーミングした頃から幾度となく(仕事の)取材でこの地域を訪れた。

猫待ちカフェ

当時このあたりは注目されるような特徴がない、地形同様、時の谷間に何となく存在する感じの地域だった。

谷根千の路地裏

賛否両論あるだろうけど、その「何もなさ」に目を付けた森さんのセンスと発信力でできあがったのが、今の谷根千のイメージだ。

雑貨屋


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

Professional

プロの味2
LEICA Q (TYP116)

ひと夏に幾度となく行うご近所バーベキューに、銀座の人気店の料理人さんが参加した。
・・・な、なんか・・・いつもの食材が全く違う料理に・・・。

プロの味1

プロの味3

軽い気持ちで持ち寄った食材が大変な事になっている。
もちろん全部アドリブ!

分厚いステーキ
スマホ撮影

この後何品かあったけど、興奮のあまり撮り損ね、最後はステーキ。
素人では焼けない厚さ3cmを見事に調理。さすがProfessional!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

根津神社をブラライカ

根津神社1
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

汗をかきかき根津神社。
ご多分に漏れず海外からの観光客が多い。

根津神社2

水が出てくる口が表にない手水って、どこの水で口をすすげば良いのだろう。
溜まった水ではちょっと・・・。

根津神社3

和服を着るのは大抵は何か事情がある日。
持ち物から想像してみるが・・・この方はご出勤?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

めっちゃ蜂!

めっちゃ蜂
X-Pro2+XF16-55mm F2.8R LM WR

「うわ!めっちゃ蜂!」
近くを歩いていた20歳前後と思われる女の子のひと言。
なんか変な日本語だが、状況と感じたことがストレートにわかる。
だからといって、オッサンが同じ様な表現をしたらただの脳足りんにしかみえないが。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

古木の下で

桜の古木
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

隣町の牧場にある桜の古木。
春はもちろん、それ以外の季節もこどもと一緒にこの木の下でピクニックを楽しんだものだ。
でもこの6月からは一切の飲食が禁止。
この数年暖かな季節はバーベキューの大々的な場所取りが繰り広げられ、その後にはゴミが散乱してあまり近寄りたい状況ではなくなっていたから、いたしかたない処置だろう。
桜の木々もだいぶ歳を取って折れやすくなっているようだし、しばらくは厳しい措置で静かな環境を保った方が良い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

弱点

セゾン美術館前の池
EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS

山頂の街の弱点は、絵になる水辺が少ないこと。
ないわけじゃないのだけど、うるさい国の観光客で溢れていたり、別荘に囲まれたプライベート池になっていたりする。
そんな中でここは貴重な水辺。
狭いけど真冬も凍らず、水鳥の憩いの場になっている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!