ひとりぼっちの夜が更ける

ひとりぼっちの夜が更ける
EOS 5D Mark IV+EF24mm F1.4L II この写真はクリックで拡大します。

このキャンプ場、薪の販売もない。
「場内に落ちているのをテキトーに燃やして」ということだ。
この日の朝まで雨だったので燃えるような木も少なくて、小さい焚き火をチョロチョロ・・・。
あとはこんな写真を撮ったり、iPadで動画を見たり。
かくしてひとりぼっちの夜が更けるのであった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ワイルドなぼっとん

中山高原キャンプ場場内
EOS 5D MarkIII+EF24-70mm F2.8II

今回のキャンプ場は数年前のNHK連ドラのロケ地。
菜の花の季節は大混雑だそうだが、今はガラガラ。

中山高原キャンプ場林から
EOS 5D Mark IV+EF24-70mm F2.8II

今夜はこのキャンプ場に私ひとりだ。

安ワインで乾杯
RX100M5

気持ちの良いところなのだけど、トイレがちょっと厳しい。
最近は山の中でもほとんど見ない、本当に昔のぼっとんトイレなのだ。
「おつり」が来そうな感じといえば、わかる人はわかる。

ランタン

まぁそれがあっての静寂なので、仕方ないと割り切って、いよいよ夜へと突入だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

仕事の後のねぐら・秘密の楽しみ

中山高原キャンプ場
EOS 5D MarkIII+EF24-70mm F2.8II

仕事の下見の後、一張1500円の超マイナーキャンプ場で一泊。
スタッフだとホテル等のちゃんとした宿泊施設にに泊めなきゃいけないが、経営者は自己責任だ。

カール
RX100M5

そんなひとりの夜の秘密の楽しみ。
東京の家の近所のコンビニでは売り切れだったけど、信州のスーパーにはあった。
いつの間にかオリジナル以外にこんなのが出ていたのね。

大人なので大人買いをせずに、最低限だけ購入。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!


それにつけても♪

おみくじ
X-Pro2+XF35mm F1.4R

カレー味にかチーズ味かで兄弟ゲンカさえ勃発した(我が家の場合です・・・)明治のカールが全国販売を終了するそうだ。
今後はチーズ味とうす味を関西以西のみで販売とのこと。

発売は1968年。3億円事件のあった年だ。
当初はカレー味はなくて、「カレーがけ」と「チキンスープ」の2種類だったらしい。
私が子供のころはお腹にたまるおやつとして好まれたが、今やスナック菓子は肥満の元凶みたいな扱い。
人工的な味付け(のイメージ)も好まれない。

今年はジャガイモ不足でポテトチップスも入手しにくいし、スナック菓子にとっては正念場なのかもしれない。
これはしっかり応援せねば!と、取り急ぎメタボなお腹を揺らしながら、近所のコンビニに走る私(と家内)なのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ライカ回収

ガード下
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.(朝10時頃まで間違った写真がアップされていました)

長年愛用のLEICA M9のCCDには原因不明の欠陥があって、その無償修理期限が8月だという通知が来た。
欠陥が見つかった場合、LEICA M-P(M9の次の型で、今は更に新しいM10が発売されている)へのアップグレードもできるという。
アップグレードといったって無償じゃないし、最新機種でもないというところが微妙なのだけど、まぁとりあえずチェックだけしてもらおうと銀座のライカジャパンへ向かった。

数分の点検の結果無事欠陥が見つかって、<無償CCD交換>と<アップグレード>の2択の権利を頂いた。
アップグレード料金は53万円! う〜ん、ビミョー。
M-Pは3年前の発売で、今でも約100万円。そう考えると魅力的な条件だけど、最新のM10は80万円台だから対策済みのM9を下取りに出せば、アップグレード料金と同じ位で買えてしまう。
う〜む・・・う〜む・・・う〜む・・・。

悩んだ末、結局M9の無償修理を選択。
M9はCCDを使った最後の機種で、それ以降はCMOSになる。
ここで手放したら、CCD機は二度と手に入らない訳で、それなら修理してもらってからしばらく考えようと思った次第。

とはいえ「40万円でM10に」と言われたら、もっと大きくよろめいていたことは確かで、この選択が正しかったのかどうか・・・。
とりあえずは、ひと月後に新しいCCDを搭載して帰ってくるM9を、2泊3日の旅行に出た家内の帰宅を待つのと同じ様な微妙な期待感(?)で受け入れたいと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

風さえ吹けば

半屋外
X100T

「猛暑」を連呼する天気予報に反して、ビルの狭間の半屋外は涼しいところも多い。
エアコンが効いているわけでもないのだけど、風さえ通り抜ければ意外と快適。
建築後しばらく経ったビルなら、木々も育って視覚的にも心地よい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

狩猟本能

カメムシ
LEICA Q (TYP116)

カメムシである。
布団の中とかソファーの上とか、私のいるところに勝手に入ってきて、ちょっと刺激すると臭いものを噴射する嫌な奴だ。

つつむ君噴射
(片手撮りなので・・・すいません)

そんな奴に、思い切りブシューッ!
臭いを吐く前に泡で包み込んで固めてしまう。
ガムテープで採っても良いのだけど、こちらの方がちょっとだけ男の狩猟本能をくすぐる。

カメムシつつむ君

昔、ゴキブリ用で似たものがあったが、2年くらいで廃盤になった。
その教訓があって、数年前に1ダースほど買いだめした。

こんなもの必要な地域も限られるだろうし、効率も悪いし、値段も高い。
いつまで入手できるか・・・? 
残りあと3本。そろそろ追加購入したほうがいいのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

神輿

神輿
X-Pro2+XF35mm F1.4R

東京の家の近くの神社にて。
私はこのあたりで生まれ育ったというわけではないので、十数年住んでいてもお祭りに参加するほどの地元感がない。
東京と山頂を行ったり来たりしているというのもアウェイ感の一因かもしれない。
でも、引っ越してきて2〜3年で地元のお神輿を担ぎ、消防団に入り、自治会の役員までやっているお父さんもいるから、単に性格の問題なのだろうな・・・というのが自己分析だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク
EOS 5D Mark IV+EF24-70mm F2.8II

我が家の敷地内に毎年生えてくるギョウジャニンニク。
でも一応念のため臭いを嗅いで確認。スズランだったら大変なので・・・。

それより放射能による山菜の収穫規制はどうなったのだろう?
去年以降、自治体からの情報が何もないけど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

池・沼・湖

ため池
EOS 5D Mark IV+EF24-70mm F2.8II

人工的に作られたものが池、自然に水が溜まったもので水深5メートル以下が沼、それより深いものが湖だそうだ。
でも静岡の佐鳴湖は水深2.5メートルしかないし、尾瀬沼の最大水深は8.5メートル、そもそも「ダム湖」って???。
要するに厳密には決まっていないということのようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ボート

女神湖のボート
LEICA Q (TYP116)

娘が「ボートに乗りたい」というので、やって来た。
私は腰痛持ちなので、手こぎでなくスワンボート。
他にも、アメンボとか自動車型とかいろいろあった。
そんな中で、やはり手こぎボートは人気がない様だ。
そもそも後ろ向きに漕ぐって、ねぇ・・・。
カップルで常に見つめ合っていたいならいいのだろうけど。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

円筒分水

円筒分水1
EOS 5D MarkIII+EF24-70mm F2.8II

山から流れてくる水を公平に分けるための施設だそうだ。
人口などに応じて水の出てくる穴の数が配分される。

円筒分水2

ここから3つの水路に振り分けられている。
なるほど、昔の人は賢い。

円筒分水3

詳しくはこちら。(クリックで拡大します)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

明細

明細
X-Pro2+XF35mm F1.4R

ん? Bセットの価格に違和感が・・・。

掲示から計算すると
豚ヒレカツ=ポテトコロッケ=100円
ライス+汁=350円
若鶏スティックフライ=63円
海老フライ=225円
メンチカツ=200円

やっぱり・・・。

そんなことより、揚げ物しかないという点でアウト!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

山上の小屋

山上の小屋
LEICA Q (TYP116)

我が家もここと同じ様な山の頂に建っている。
確かに景色はいいのだけれど、思った以上に自然が厳しい。
一年中風が強いし、晴れれば日差しも強い、雨は上からだけでなく横からも下からも吹きかかる。
こんなだから、建物の傷みも激しくて、頻繁に修理が必要だ。

風や日差しを防ごうと木をたくさん植えたら、十数年経って景色が悪くなった。
それでも、木々の向こうに当時と変わらないアルプスの山並みや下界の夜景が広がっていると思うだけで、不思議と満足ではある。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

なごりのしだれ

大池のしだれ桜
LEICA Q (TYP116)

さすがの山頂の街も桜はほとんど終わり・・・と油断してたら、こんなのを発見してしまった。
この近所には大勢のカメラマンが集まる名物しだれ桜があってそちらはすっかり葉桜だ。

単焦点ライカだけど、持っていて良かった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ワインの丘へ

サンクゼールレストラン
LEICA Q (TYP116)

ゴールデンウィークの狭間、知人の経営するワイナリーへ行った。

サンクゼール回廊

キャンピングカーに乗っていた頃は、ここで社長と美味しいワインを飲みに飲んで、そのまま駐車場泊なんていうことも。
10年ぶりに位にやって来たけど、歳を重ねてますます心地よい場所になっている。

サンクゼール売店

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

シンパの心配

春の神社
LEICA Q (TYP116)

私は長年クロネコヤマトのシンパだ。
日本を陰で支えているのは軽トラとクロネコヤマト。これは応援しなくてはいけない。なるべくクロネコを使おう!
会社の荷物も結構良い条件を出す佐川でなくクロネコヤマト。毎日のように届くAmazonの商品だって、クロネコに届けてもらいたいがために時間指定をしている。

そこへ昨今のクロネコ問題。
荷物が多すぎるから引き受けを制限し、料金も上げる、時間配達や再配達のシステムも見直しと業務縮小路線を選択した。
それに対応してAmazonは自社便の増強だけでなく、他社通販の配達にも乗り出す。まさに変化をチャンスと捉えての業務拡大だ。

さあ、どちらが勝者となるか?数年後に今のきめ細かなサービスができるクロネコヤマトが残っているか?
シンパとしては心配しながら行方を見守っている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!