印旛沼のボート
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

とりあえず船舶免許は持っている。
でも大海原を航海できるわけじゃない。
講習や試験に出る知識だけじゃ船なんて操縦できないのだ。

湖沼でならレンタルボートで走り回ったことが何度もある。
場所によってはそれなりに楽しいのだけど、時間貸しだから落ち着かないし、そもそもフィールドが遠くて・・・。

自分の家の前に湖と桟橋があって、週末はボートでしか行けない景色のいい岬でキャンプ。
ボートを見る度に思う、他人には鼻で笑われそうな夢の生活。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

ミニマム

ミニマム
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

日帰りならこれだけでどこまでも行ける。
装備がミニマムだと気分は自由だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

桜源郷 2015

桜源郷2015-1
X100T

昨年見つけた山奥の桜スポットへ。
ひと気のないこの場所になぜ?という疑問は今年も同じ。

桜源郷2015-2

昨年は少し遅くて葉桜気味だったが、今回は少し早いか・・・。
どこにも情報が無いので、行ってみなけりゃわからないというのも楽しい。
                             (4月19日撮影)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

温度差

パラボラアンテナ1
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

息子とJAXAの宇宙空間観測所へ行った。
ロケットとパラボラアンテナといえば、私が子供のころは最先端の科学技術の象徴、あこがれの存在。

パラボラアンテナ2

宇宙開発関連の施設を見学した後、巨大なパラボラアンテナを見上げながら
「宇宙飛行士になりたくなっただろう」
と聞いてみたら、息子は多少申し訳なさそうに、でもきっぱりと
「あんまり・・・」
と答えたのだった。

はやぶさ2

※昨年末に打ち上げられた「はやぶさ2」。
帰還は2020年12月だそうで、うまくいけば東京オリンピック終了後の注目イベントになるかも。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

秘湯へ

霧積湖
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

思い立って信州と群馬の県境、山奥の秘湯霧積温泉へ向かう。

霧積館

あらら・・・霧積館は2年前に廃業していた。
名物の六角風呂はすでに跡形もない。
残るは看板代わりになっていた水車だけ。

霧積温泉のもう一軒の宿「金湯館」は、ここから30分歩くので、今日はパス。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

妖怪

レンガの家
X100T

アニメの影響で、今の子供たちは妖怪を怖がらない。
言うことを聞かせる手段がひとつ減って、大人としてはちょっと困る・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

廃駅舎

川田駅3
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

廃線になった長野電鉄屋代線の川田駅。
車両の修復は進んでいる様だけど、一方駅舎は・・・。

川田駅2

代替で運行されているバスの待合室に。

川田駅4

内部は電鉄時代のままで痛みが激しい。
(2枚目の写真に「地震の時は外に逃げろ」と表示されている)

川田駅10

車両同様、貴重な木造駅舎も修復されるといいな。

途切れた線路

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 地元の足として存続して欲しかった・・・。ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

待機中

川田駅1
X-T1+XF16-55mm F2.8R LM WR

ちょうど3年前に廃線になった長野電鉄屋代線の川田駅を見にいった。

川田駅8

架線や構内以外の線路は既に撤去されているが、撤去前に運び込まれた古い車両が残されている。

川田駅9

一部はお化粧直しの真っ最中。

川田駅12

川田駅11

修復待ちの車両は合計4編成ある。

川田駅6

いずれ大々的に公開されるのかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 明日へ続きます。ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

歩留まり

小布施散歩道1
X100T

下手な鉄砲だから、シャッターを切る回数は多い方だと思う。

小布施散歩道2

よく使うカメラで歩留まりを考えてみると、
ライカ>X100T>X-T1単焦点>X-T1ズーム 
の順になる。

小布施散歩道3

ライカで撮った写真の歩留まりが高いのは、マニュアルでピントを合わせる間にいろいろなことを考えるからだと思う。
X-T1でズームレンズの使った場合の歩留まりの低さは、画角が自由だと無難に走ってしまうという性格的な問題?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 撮影地:長野県小布施。ランキングに参加しています。よろしければクリックを!