カラマツを望む家
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

カラマツ林に新しい別荘が作られている。明るくていいなぁと思う。
でもカラマツって、強い風が吹くとすぐに倒れてしまうから怖い。
それに秋の落ち葉がかなりやっかい。紅葉の季節にはこのあたりではカメラのレンズ交換ができない。
撮影後部屋に戻ってからよく見ると、細かな落ち葉があちこちに入り込んでいたりする。
おまけにこの落ち葉、脂っこいからたちが悪い。
そんなわけで地元の人たちや建築業者はカラマツを目の敵にしている。
家を建てるとき地元の人の忠告を受け入れるか、それとも景色を重視するか・・・。このあたりの家造りはそんな選択から始まる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!