雪のない冬の選択

コケの道
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

この冬、我が家のある標高1000メートルの街には、ほとんど雪がない。
今、このあたりの散歩には2つの選択肢がある。
ひと気のないコケの散歩道を行くか・・・

落ち葉の道

色とりどりの落ち葉の中を彷徨うか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

出番を待つ(4)~定番ポイント

雪のキャベツ畑
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

写真だけではなくTVのニュースなどでも、キャベツ畑といえばここの映像が使われるくらいの定番ポイント。
(夏のスナップ写真はこちら・・・)
シーズン中の休日はカメラが並ぶけれど、今は…。あ、ひとりいた!
「ここはもう、みんなが撮るんでイヤになっちゃいますね」
と言いながら、夕日まで粘る様子の完全防備が印象的だった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

出番を待つ(3)~干し草

出番を待つ干し草
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

この白いビニールの中には、干し草が入っている。このあたりは牧草地帯なのだ。
放牧させてもらえる牛は、春から秋まで緑の新鮮な草を食べられるけれど、一年中小屋に閉じ込められている牛も多い。その方がいろいろと効率が良いからだ。
そんな牛は、この干し草にいろいろと栄養価の高いものを混ぜて食している。
まあ、その「いろいろ」がいろいろと問題なのだけれど…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

出番を待つ(2)~林道

出番を待つ林道
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

昨日が「出番を待つ(1)」だったのでお察しの通り、今日は「出番を待つ(2)」です。

大きな山の北側(この撮影地)と南側(私の家がある側)を結ぶ林道。多少荒れてはいるけれど、緑が濃くて景色も良いのでお気に入りの道だ。
でも、今は全面通行止め。5月20日まで開かない。
禁断の6ヶ月間に、この先では私たちの知らない何かが起きているかもしれない。そう想うと行ってみたい気もするのだけれど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

出番を待つ(1)~クールな男のトラクター

出番を待つトラクター
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

この時季なのに我が家の周りには雪がない。
日陰にまばらな溶けかけの雪…という中途半端な風景なので、車で30分ほどの山上集落に行ってみた。

標高は我が家より100メートルくらい高いだけなのだけれど、大きな山を挟んだ北側なのでしっかりと雪景色だった。

そんな中、春の出番を待っている青いトラクターを発見。

子供の頃から、なぜかトラクターに憧れている。どこでも入っていける安心感といい、あの景色を堪能できる速度といい、できることならこれに乗って旅をしてみたいのだけれど…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

氷点下7度の星空

浅間山と星空1
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

週末にこの写真が撮りたくて、ずっとウズウズしていた。
夜を待って早速近所の広場へ。もちろん真っ暗な場所。
この時季、夜は当然のように冷え込み、氷点下7度。
でも、そんな寒さを忘れてシャッターを切りまくる。

浅間山と星空2
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4
(クリックで拡大します)

途中、顔見知りが犬を連れて散歩に来たが、私は挨拶もそこそこに撮影に集中。
あちらも暗闇でなにやらごそごそやっている異様な雰囲気に、早々に引き上げて行く。
氷点下の夜風よりも冷たいものを感じたのは、気のせい…だと信じたい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

海の見える棚田

海の見える棚田1
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

先週末キャンプをしたところのすぐ近くに棚田があった。
海に向かって開けた棚田。農作業の休憩の様子が目に浮かぶ。

海の見える棚田2


こんなロケーションだから、田植えや稲刈りのシーズンにはたくさんのカメラマンが集まるらしい。
私はそういう場所で写真を撮るのが苦手だ。
でも、ここの田植えシーンは撮ってみたい。・・・どうしよう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

蕎麦で遠征

いづるそば1
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4

信州に住んでいながらナンだけど、栃木へ蕎麦を食べに行った。
このあたりでは結構有名な店だ。

いづるそば2

ここの蕎麦は「1枚、2枚」で注文するのではなく、「5合、6合」と1合単位で注文できる。
1合あたり300円。

このあたりは石灰質の土壌で水が良いからか、蕎麦の味はなかなかだ。付け汁はあっさりしているが、そば粉の風味も強すぎないので、うまく絡む。
そばの一本一本が短くて、江戸風にチュルチュルッとすすれないのにちょっと違和感があるかもしれない。。

残念ながら、鴨汁は風味がなくてあまりおすすめではないです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

久々の霧氷

久々霧氷
EOS 5D MarkII+EF70-200mmF4L IS

今日は久々に霧氷が見られた。
このところ気温はかなり低かったのだけれど、空気が乾燥していて霧氷が付かなかったのだ。
昨夜はさほどの冷え込みではなかった(といっても氷点下5度前後)が、明け方に急に冷え込んだため霧が出て、霧氷ができたというわけだ。

霧氷

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

オールスターの味

無敵家
GRD2

気になるラーメン屋があった。池袋の無敵家。いつも店の前には長い行列ができている。
今日たまたま前を通りかかったところ、3人しか並んでいなかったので、これはチャンスと思い、行列の最後尾に加わってみた。

待つこと10分。私の後にはすでに10人くらいが並んでいるので、ラッキーだったと喜びつつ店内へ。

注文したのはネギ豚麺。京都の九条ネギと流水にさらした白髪ネギのトッピングがウリらしい。スープは豚骨醤油味。新鮮さが自慢の背脂がのっている。チャーシューは厚め。柔らかく味付けも悪くない。
ところがこれらがひとつのどんぶりに合わさると、しつこいことこの上ない。豚骨の味が強すてネギの風味を楽しむどころではない。チャーシューには元々の油に加え背脂が張り付いて時間を追うことにギトギトになっていく。味の濃さに対応するため、麺は太め。だけどこの麺さえも、しつこさを増長してしまっている。

それにしても、最近人気のあるラーメンにはこういう味付けが多い。それぞれのパーツは良いものなのかもしれないが、それらが組み合わされてコテコテになってしまっているのだ。いや、ラーメンに限らない、お弁当などにも多い。コンビニ時代の味付けとでもいうのだろうか。

かくして、胃もたれとの戦いとなった今日の午後。もうしばらくはラーメンなど食べないぞと心に誓いながらメタボな腹をさする中年男なのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。コテコテ感が写っていたらひと押しお願いします。

「カ」か「力」か?/星の数ほど

カ
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

南房総で出逢った「カ」。
「ちから」なのか、カタカナの「カ」なのか気になって仕方なかったのだけれど、ちょっと後を走っていったら、カタカナであることが判明。とりあえず満足。

と、こんな写真だけでは申し訳ないので、昨夜南房総で撮影した夜空の写真から、こちらも自己満足的にお気に入りの一枚を・・・。(写真クリックで拡大します)

星の数ほど
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4

山頂で空を見上げたときに、星が多いなぁって思うことがあるけれど、写真に撮ってみて、その多さに改めて驚いた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

南房総の星空

鴨川の木
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

南房総にキャンプに行った。
以前、家を建てるなら長野の山頂とこのあたりではどちらが良いかと迷った場所だ。
結局、仕事で東京に出る場合のことを考えて,長野の山頂にした。

この日、昼間の気温は15度。朝の山頂の気温は氷点下13度だぅた。もし、山頂でなくここに住んでいたら、今とは別の生活をしていたのだろうなぁと思う。

鴨川山中
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4

夜は星空の撮影にも挑戦。
夜でも暖かなのがいい。
このあたりは、羽田空港へ着陸する飛行機の進入路。
空にも変化があって面白い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

温水路

温水路1
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

山頂の家から車で少し走ったところに「温水路」というのがあって、その周りは私と息子の良い散歩コースになっている。
「温水路」と言ってもお湯が流れているわけではない。
山の水は夏でも冷たくて農業用水に使えない。そこで、広くて浅い水路を流すことでぬるくしてしまうのがここの役割だ。

温水路2

温水路にかかる橋は欄干が低く、隙間も広い。まあ、落ちても浅いし、温水路っていうくらいで水も冷たくないのだろうけど、でも、ちょっと怖い。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

街の夜景・山頂の夜景

街の夜景
GRD2

打ち合わせの帰り、事務所の近くでちょいと夜景を撮影してみた。
都内はいろいろと夜景が撮れる場所がある。それに引き替え山頂は・・・

山頂の夜景
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4

と思いつつも、仕事帰りに自宅の前で撮ってみた。

ん? もしかして真剣にやったらまともなものが撮れるかも・・・。
でも、気温は氷点下6度。カメラの金属部分に触れている手の感覚はなくなり、地面に置いた三脚の足も凍り付く。
結局3枚(といってもシャッター速度30秒)撮っただけで、家に逃げ込んだのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

小屋

小屋
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

一年くらい前にも撮影したことのある農作業小屋。
こんな小屋で、仲間と熱々の鍋を囲んむなんていうのも良いけれど、強い雷雨や吹雪をやり過ごしたりするのも悪くないと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

つらら

つらら
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L IS

庭のモミジの木につららができていた。
屋根からの雪解けの水が当たる場所だ。
枝がかわいそうなので、これ以上成長するようだと取り去らなければならない。
ちょっともったいない気もするけれど…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

続きを読む

氷点下でも…

氷点下でも
EOS 5D MarkII+EF24-105mmF4L

週末の全国的な荒天では、山頂にも15cmの積雪があった。
その後も気温はずっと氷点下なのだけれど、それでも木や草のあるところの雪はあっという間に消えていく。枯れ木、枯れ草であっても同じだ。
北国の家は木造が良いというのは、このあたりを見てもわかるような気がする。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

池袋22時

池袋22時-1
GRD2

池袋が苦手だ。
まず、駅がダメだ。
いろいろな電車の改札口を結ぶ通路が入り組んでいて、何度通っても迷う。
だいたい、東口にあるのが西武で西口にあるのが東武だなんて、どうなっているのだ?

池袋22時-2

昔、池袋のビックカメラで店頭の貼り紙に「他店より1円でも高い場合はお申し付け下さい」と書いてあったので、近くの店員に申し付けたら「あ、そうですか」のひとことで片付けられた。確かに、他店より安くするとは書いてないけどね。
それ以来、池袋の店がダメだ。

池袋22時-3

でも、仕事やつきあいで池袋に来なくてはいけない事もある。
早く山頂に帰ろうと月なんぞを見上げてみる、新年会の夜。

GRトラックバック企画「Candid」に参加します
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

クリスマスの残骸

後楽園
GRD2

打ち合わせの後事務所に戻る途中にこんなところを通った。
「ウィンターイルミネーション」
なるほど、これならクリスマスを過ぎてもやっていられるわけだ。
でもイルミネーションの多くはツリーの形だったりして、やはりクリスマスの残骸の感がある。

帰りが夜になることがわかっていたのに三脚を忘れるドジを踏んだ。
カメラを置く場所を探し回って、ようやく見つけたのがこのポジション。
きっと同じような経緯の、同じような写真がどこかに公開されているのだろうなぁ。

季節外れのツリー

さすがに今になってイルミネーションを見に来ている人は少ない。
そんな閑散を利用して、来年向けのポスターか何かの写真撮影をしていた。

手持ちで

最後は手持ちで・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

Clear

透明感2
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

山頂の町の中心部にある池。
今の季節だからゆっくりと散歩できる。

透明感1

この透明感は、単に水がきれいだからということだけなのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

一緒にお風呂

一緒にお風呂
EOS 5D MarkII+EF50mm F1.4

近所の温泉つきレストランで、顔見知りの女の子に
「ねぇ、一緒にお風呂に入ろっ!」
と誘われ…

一緒にお風呂2

OKを出したところ。

近頃ないなぁ、パパには、こういうこと…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

暗黙の了解

新しい家の塀
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

私の住む街では、家の周囲に塀などを作らないことが暗黙の了解になっている。
新しい家でもこの伝統を守っているところが多い。

立派な門

ただ、塀はなくても門は作る。
侵入者を防ぐためでなく、来訪者を出迎えるために。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

噴煙

噴煙
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

多くの場合、この山の噴煙は偏西風に流されて、山の南にある私の家の方へは来ない。
しかし、真冬に強い北風が吹いたときは、南の斜面をこちら側に向かって這い下りてくる噴煙を見ることができる。

噴煙と道祖神

こんな時には、火口から8km程離れた街にいてもこの煙のにおいがする。
火山の麓に住んでいるんだなぁと思う瞬間だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

静寂の夢想

小川と苔
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

さすがに年末年始の人の波も引いただろうと思い、別荘街の散歩に出かけた。
「この街で一番好きなところに住ませてあげる」と言われたら、私が迷わず指定するのがここだ。
鏡のように静かなのにも関わらず一年を通して清らかな流れ、苔むしながらもさわやかさを失わない地面、単調さのない緩やかな起伏…どれをとっても理想的。
ただ、落ち葉ひとつ落ちていないこの環境を維持するのは、相当大変なのではないかと心配したりもする。
今のところここに住ませてあげようという申し出はないのだけれど…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

晴れた日の霧氷

青空と霧氷
EOS 5D MarkII+EF70-200mm F4L

晴れた日に見る霧氷は美しい。
この景色をみられるのは山頂の住人ならではの特権だ。
だから、冬の間は霧氷の写真にこだわってみようと思う。

霧氷
EOS 5D MarkII+EF70-200mmF4L

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

場末カラー

2丁目のスナック
EOS 5D MarkII+EF24-105mm F4L

5日ぶりに東京に来た。
東京のマンションの前が縁結びで有名な神社で、例年の事ながらものすごい人出。
でも、そのあたりをはずせば閑散としていて、思わず散歩をしたくなった。
写真は近所で発見したスナック。場末っぽい雰囲気だが東京・千代田区だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

気がつけばこの山

噴煙
EOS 5D MarkII+EF70-200mmF4L

明けましておめでとうございます。

このところ毎日カメラを持ち歩いているのだけれど、気がつくとこの山を撮っている。
山頂から立ち上る白いものは雲ではなくて噴煙。日本で13ある火山活動の活発な山のひとつなのだ。

浅間山系
EOS5D Mark?+EF24-105mm F4L

少し離れたところからこの山に連なる山並みを・・・。
全体がひとつの外輪山で、以前はこの上に大きな山が乗っていたという説がある。
外輪山の大きさからすると標高一万メートルくらいになってしまうようだけれど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。