便利な"2"

2歳!
EOS 5D+EF24-105mmF4L

最近、息子が指で"2"を作れるようになった。
近所のカフェで美人の店員さんに「いくつ」と聞かれて、「2ちゃい!」と自慢げな息子。

"2"は、写真を撮るときのピースにもじゃんけんのチョキにもなるので、息子にとっては一気に表現の幅が広がった気分のようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

安定しない天気

モミジ逆光
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

ゲリラ豪雨こそないものの、今年は山頂の天気もおかしい。
天気が全く安定しないのだ。
数年前なら「晴れの日が続く」のが珍しいことではなかった。
だけど、今年は1日すっきりと晴れていることすら少ない。
今年に限った異常気象なら良いのだけれど。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

喫煙ルーム

喫煙ルーム
GR Ditital 2

始めて喫煙ルームに入った。タバコを吸うわけではないけれど、誰もいなかったので、興味半分の行動だ。
タバコを吸う人は肩身が狭いと言うけれど、そんなことないじゃん。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしkればひとお塩願いします。

地下への入り口

地下への入り口
GR Ditital 2

古いビルの地下への入り口。
昔は銀座の高級レストランだったらしい。

ところで、GR Ditital 2には、電子水平器がついていて、水平を間違えることは少ないのだけれど、この建物は難しい。
手前が傾いているのか、後が傾いているのか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。


ヤマボウシ

ヤマボウシの実1
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

子供が投げたボールを探していたら、地面に赤い実がたくさん落ちていた。
上を見上げるとヤマボウシの木。
この木の実は食べられると聞いていたので、早速口に入れてみる。

ヤマボウシの実2

熟した実はパッションフルーツの味。ただ、皮が厚いのと、大きめの種が2つ入っているので、食べる部分が少ない。
味は悪くないと思うのだけど、熟した実がこんなに落ちているということは、鳥も食べないっていうこと?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

ヤマグリのできばえ

ヤマグリ
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

ヤマグリはお店で売っているクリよりもひとまわり小さい上に、皮が固い、虫がいるなど、ちょっと扱いにくいのだけど、味が濃くて旨い。
そんなヤマグリがだいぶ良い感じになってきた。
今年は今のところ台風が来ていないので、多くの実が木に残っている。これは豊作が期待できるぞ!と思っていたら、今週末は荒れ模様の天気。なかなかうまくいかないものだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

霧の朝

霧の朝
GR Digiral 2

この時季、山頂付近は毎朝濃い霧に包まれる。
そんな中庭先に立つと、自分がまるで水の中にいるような錯覚に陥る。
そんな感覚を写真に撮れないかと思って・・・。

伝わるかなぁ?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

秋晴れモミジ

秋晴れモミジ
EOS %D+EF100mm F2.8マクロ

またモミジで恐縮です。
久々の秋晴れ。モミジの葉が輝いていたのでパチリ。
この木は秋が近づくにつれて、葉が少しずつ赤くなってきている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

もみじの種類

赤モミジ
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

山頂には、建物の周りだけで7本のモミジがある。日陰やアクセントが欲しくて植木屋さんに相談すると、「じゃ、モミジでも植えておきましょう」と提案され、仕事を終えて東京から戻ってくると新しいモミジが植わっている…。そんな具合に増えてきた。
植木屋さんに言わせると、モミジは実が落ちて屋根を傷めることもなく、見栄えが良いのでハズレが少ないのだそうだ。

それにしてもモミジというのはいったいどれくらいの種類があるのだろう。
家の周りのもので葉が同じような形状でも、秋だけ赤くなるもの、春と秋に赤くなるもの、いつもどこかが赤いもの、何となくいつでも赤いものなど、いろいろな個性がある。だから何本あっても飽きないのかもしれない。

でもよく考えたら、我が家の山で野生のモミジを見た記憶がない。今度良く探してみないと…。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

縦横比の問題

メトロハット
GR Digital 2 横3:縦2で撮影

今、私の仕事では、横16:縦9のいわゆるハイビジョンの画角で映像制作をしている。
ところが、見る側の環境としてはいまだに横4:縦3比率のテレビも多く残っている。
16:9の画像を4:3で見るようにするには2つの方法がある、4:3の画面の上下を黒味にして、画面の中に16:9のエリアをつくって映す方法と、16:9の映像の両画ををぶった切って4:3にしてしまうという方法だ。

作り手としてはもちろん前者がいい。同時に2つの画角を意識するなんて気が散ってやりにくい。だけど、テレビ局の編成や営業は後者を主張する。画面の上下に黒い帯が入ると視聴率が下がるというのだ。
小型のテレビで見た場合、画面の有効エリアが狭くなるわけだから、多少見にくくなる。それが視聴率低下の原因かもしれない。でも、16:9の比率には迫力とリアリティがある。4:3より人間の視野に近いからだ。だからできる限り16:9で放映して欲しい、見て欲しい・・・。
そう考える私に、強敵が現れた。某関西企業の専務様で、広報部長も兼務されていらっしゃるオバサマだ。
「そんなアンタ、上下に黒味を入れるなんてもったいないがな。画面の2割以上が黒なんだったらその分制作費もまけてもらわんと」
なるほど、これもひとつの映像ソフトの値踏み方法なのかと私が妙な関心をしているスキに、よせばいいのに代理店のアカウントが余計な口を挟む。
「では仕方ないので、両脇をカットして、4:3の画角にします」
「じゃあ、カットした2割以上の画面の分、制作費を負けて」

打ち合わせの帰り道
「この16:9と4:3の混在状態が悪い」
と主張するアカウントに元気がないのは、もちろん2割引を余儀なくされたからであることは言うまでもない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

早くも・・・

マクロで落ち葉
EOS5D+EF100mm F2.8マクロ

マクロだからといって、小さなものしか撮れないわけではない。
普通の中望遠レンズとしても使える。

8月下旬から夕立が多いので、山道は早くもこんな感じ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

コウゾリナ

コウゾリナ(昼)
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

花の直径は2cmくらい。葉がぎざぎざしていて顔を剃れそうだから「顔剃菜」。これが名前の由来らしい。

コウゾリナ(夜)

夜になると花を閉じて寝てしまう・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

自己判断

山道
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

歩き始めて間もない頃から山道を行き来しているせいか、2歳の息子は、かなり的確に路面状況を判断する。
倒木などが多いのだけれど、その大きさや倒れ方によって、またいだり、足をかけて乗り越えたり、下をくぐったり・・・。私がまたいでも自分には無理だと思うとちゃんとくぐるからたいしたものだ(親バカ?)
私は、こういう自己判断ができるように育てることが何より大切だと思っていたので、少々ニンマリだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

限界

花の中のアリ
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

直径5ミリにも満たない花の中にアリがいる。
マクロレンズを覗くまでそんなこと考えてもみなかった。

ただ、屋外の手持ち撮影ではここまでが限界。
三脚を使っても、被写体自体が風で揺れているので、仕方ない・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

秋マクロ

ミドリヒョウモン
EOS 5D+EF100mm F2.8マクロ

先週までたくさんいた赤とんぼは里へ下りたらしく、山頂はだいぶ静かになった。
ヒョウモン蝶(写真はミドリヒョウモン)などの小振りなものが多くなった。色も褪せ、傷ついているものも多い。

このところ雨や霧の日が多いが、季節の変わり目を感じるのは、ちょっとした晴れ間だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

マクロレンズ

山椒の実
EOS 5D+EF100mm F2.8 マクロ

下の子供に歯が生えてきた。
どうせならちゃんと写真に撮っておこうとマクロレンズを買った。
でも、歯ばかり撮っていても仕方ないので、マクロレンズを付けたまま山頂の家に持って行った。まあ持って行っただけでは仕方ないので、外でいろいろと…(要はマクロレンズが欲しかったんですね…)

これが結構おもしろい。遠視に老眼の混じった私の目では、日頃見えないようなものが写る。
身の回りのあらゆるものをマクロで撮ってしまう強者の気持ちがわかるような気がした。

※写真は山頂の実。もう少し赤くなったら粉山椒の元にできる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

アカゲラ

アカゲラ

近所にアカゲラに気に入られてしまった家がある。壁とか軒下とか、留守の間にそこら中に穴を開けられて結構大変なことになっている。
場所柄、家の外壁は木が似合うので、その下に鉄板を埋め込む工事をするらしい。

我が家では、鳥の巣箱が被害にあった。シジュウカラ用の巣箱にどうしても入りたかったらしく、無理な出入り口拡張工事によってボロボロにされてしまった。

ただ、今年は極端にアカゲラの数が少ない。
周辺で何件もの別荘の工事がされているからなのか、去年の大きな台風で森が荒れたからなのか・・・。

こうなると、去年まではどちらかというと厄介者だったアカゲラが、にわかに撮影対象になったりする。見つけてからレンズを替えたのでは間に合わないから、望遠レンズを付けっぱなしにしたりして・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

パブリカ

パプリカ

標高1000mの山頂では、家庭菜園で作れるものが限られてくる。
何とか収穫できても、実が小さいとか、少ししか採れないとか、平地とはかなり様子が違う。
そんな条件下でも、元気に育ちたっぷり収穫できるのはパプリカ。
だけど、何故か赤だけだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

WASEDA

早稲田1
GR Digital 2

かつてこの街に15年以上住んでいた。
今でもひと月に1度、床屋だけは早稲田だ。

早稲田2

早稲田3

早稲田4

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

アキアカネ

アキアカネ
EOS 5D+EF70-200mm F4L

アキアカネ、俗に言う赤とんぼ。
春に低地で生まれて、夏を山で過ごし、秋には低地へ戻って産卵をする。
秋の移動が大群になることが多く、私が子供のころには、東京近郊でも赤とんぼが空を覆いつくし、ニュースになることがあった。
でも今は、産卵に適した水面もないし、餌になる小さな虫もいないから、そんなニュースを聞くこともなくなった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

巨人風VS阪神風

キンモンガとハナアブ
EOS 5D+EF70-200mm F4L

阪神模様の方は、キンモンガという蛾。ジャイアンツカラーの方は、ハナアブの一種だと思うけど、名前がわからない。

そういえば今年のプロ野球ってどうなっているんだろう。数年前までは話のタネに多少情報を仕入れておかなければオヤジの同士の会話が成立しなかったのだけれど、最近では話題にも上らない・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。