メリーゴーランド

メリーゴーランド
GR Digital 2

カンヌやニースの街中で、唐突にメリーゴーランドに遭遇する。
歩道の広くなったところとか中央分離帯とか、ともかく、他に遊具があるわけではなく、ただ単にメリーゴーランドが設置されているのだ。それもチープなものではなく、結構ゴージャス。
ときどきベルの音が鳴り響き動き出したりするのだけれど、誰がどうやって動かしているのか確認するにいたらなかった。

フランス人には、メリーゴーランドに何か特別な思い入れがあるのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

我慢のニース海岸

ニース海岸
GR Digital 2

ニースのビーチで優雅にくつろぐ人々・・・。
だけどビーチをよく見てみると、砂じゃなくて、石だ。

ニース海岸の石ころ

ビーチのイメージが狂った?
そもそも、南仏の城郭都市の石畳は、ビーチから運んできた石でできているという。

石畳

これがその石畳。結構ゴツイ。
ビーチでは、多くの人がこの石の上に直接寝ころんでいるのだ。
イタイし暑いはずだけど、だれもそんなそぶりを見せない。
さすがフランスだ。(???)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

野生のフジ

野生のフジ
EOS 5D+EF70-200mm F4L

久々に山頂の自宅に戻ってきた。

毎年楽しみにしている野生のフジ(ヤマフジではありません。念のため)。
険しい山の斜面のあちこちで、あでやかな紫色の房を垂らしている。

でも、今年のフジはもう終盤。
花が終わってしまうと、来年の春までは、木に巻きついた醜いツルの塊になる。花の季節以外の容姿もどうにかなるとウレシイのだけれど、こればかりはどうしようもない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

世界の金持ち

ヘリ搭載クルーザー
GR Digital 2 手前から2番目のクルーザーの屋上に・・・

カンヌに到着したばかりの頃、ヘリで続々とやってくるVIPと、豪華クルーザーで乗り付けてくるVIPを見比べて、本当の金持ちはクルーザーでゆったりとやってくる・・・みたいなことを書いた。

でも、しばらくこの地に滞在して、それが誤りであることに気付いた。
本当の金持ちのクルーザーには、ヘリが搭載されているのである。

ヘリ搭載クルーザー2
このクルーザーにも・・・

どれも個人所有のクルーザーで、長さ130mなんていうのもある。
停泊しているのは、カンヌの隣町のマリーナ。船が大きすぎて、カンヌ港に入らないのだそうだ。

ううむ、日本の金持ちと世界の金持ちの間には、とても大きな壁があるような気がする。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

別荘街を壊滅させたマンション

Quai d'Honneur
GR Digital 2

いくら絵になる石造りの建物といっても、そろそろ食傷気味?
で、ここは、カンヌとニースの中間くらいにあるリゾートマンション。
ヨットハーバーやショッピングモールを、巨大な住居棟が取り囲む。

でもこのマンション、地元ではものすごく評判が悪い。
海沿いにデーンと建ったおかげで、このマンション以外からは美しい海が見えなくなったのだ。おかげで、別荘の街は壊滅し、工場が建ち並ぶただの田舎になったという。

私の街の役人に聞かせたい話だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

グ~!

ラ・コロンブドール
GR Digital 2

日本に戻ってきたら、2歳の息子が親指を立てながら「ハンバーグ~!グ~!グ~!」なんてやっている。で、連想したのがこれ。

私の想像力を超えたオブジェではあるが、ここはサンポールの「ラ・コロンブドール」というれっきとした5つ星ホテル。シャガールはもちろん、ピカソやマティスなんかも常連だったという、グ~なホテルのレストランなのだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

ニース

ニースからカンヌ方向
GR Digital 2

帰国直前、ニース城址からの景色。
右側のカモメが見ている方向がカンヌ。車で30分。
左側のカモメが見ている方向は…

ニースからモナコ方向

カンヌの反対側、この先はモ・ナ・コ。車で20分!
うう、来年こそ!(・・・何だ?)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

朝食

アンティーブのパン屋さん
GR Digtal 2

フランスで朝食といえばクロワッサン。
チョコチップの入ったやつと、カフェ・オレを買って・・・

アンティーブの海岸

地元の人たちは、駅やバス停に向かう途中で歩きながら食べていたりするけれど、仕事も終わって後は帰国するだけの私は、こんなところに座ってのんびりと朝食。

ということで、この記事がアップされる頃には、日本に戻っています。
ウォシュレットと立ち食いそばに思いを馳せるアンティーブの海岸・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←南仏で書いちゃった記事と写真があるのですが、
もう少し付き合ってもいいよという方は(そうでない方も)クリック!

サンポール散歩(2)

サンポールのギャラリー2
GR Digital 2

昨日に引き続き、南仏の城郭都市「サンポール」。
200年以上前に建てられた石の建物が様々に手直しされて、ギャラリーやカフェ、おみやげ物屋などとして利用されている。

サンポールの広場

街の中は、ロバが通る程度の道を挟んで、3,4階ある石造りの建物がびっしりと並んでいるので、陽の当たる場所が少ない。

サンポールの空

見上げると、スリットからのぞいたような細長い空。
それでも、南仏の太陽は充分に力強い。

GR Blogトラックバック企画「空」に参加します。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

サンポール散歩(1)

サンポール外壁
GR Digital 2

日本ではトイレの洗浄剤で有名なサンポール(ATOKでは固有商品名のアテンションが出る)だけど、世界的にはシャガールが晩年を過ごしたところとして知られている。
南仏に多くある城郭都市のひとつで、山の上に積まれた城壁の中に作られた街だ。

サンポールの花

建物も城壁と同じように石造り。1700年代に建てられたものも多い。

サンポールのギャラリー

今のようにギャラリーやカフェが多くなったのはシャガール以降だろうが、住居も含めて、どこも昔の建物をそのまま利用している。
もちろん地震がないなどの環境的な理由もあるけれど、街作りに対する思想のようなものが、30年サイクルで建物を造り替える日本とは根本的に違うようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

カンニュ散歩

カンニュ1
GRD2(全て)

宿泊しているアンティーブからカンヌの反対側に向かってみたら、カンニュという街があった。
耳で聞いただけではカンヌと区別がつきにくいのだけれど、こちらは随分との~んびりとした雰囲気。いい街だった。

カンニュ2

カンニュ3


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

シャガールの空

シャガールの空
GRD2

シャガールが晩年を過ごしたことで有名な、サンポールに行ってみた。
城壁に囲まれた、周囲よりひときわ高い山の上の街。
古くからの建物を改装した画廊が何軒もあって、人々がそぞろ歩きながら、気楽に中をのぞいたりしている姿が微笑ましかった。

GR BLOGトラックバック企画「空」に参加します。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

アンティーブの朝市

アンティーブ朝市
GRD2

今日はスピルバーグがレッドカーペットを歩く日だったのだが、チケットが確保できなかったので思い切って仕事は休み。
アンティーブという街の朝市に行ってみた。

その場ですぐにでも食べられそうな野菜たち。
日本ではなぜこういうディスプレイをしないのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加しています。よろしければひと押しお願いします。


カンヌの坂

カンヌの坂
GRD2

カンヌは坂が多い。どれもかなりきつい坂だ。
でもなぜか不思議と歩きたくなる坂だ。

ところで、今日もTGV通勤だった。日本では山頂の家から新幹線で通勤しているのだけれど、フランスまで来ても同じようなことをしている。
ただ、今日はTGVに乗りたくて乗ったのではなく、ストでTGV以外は運行していなかったのだ。
この辺りでは、毎年映画祭の期間を狙ってストライキがある。今年も3日前からストをしているのだけれど、その間でも電車が走っていることもあれば止まっていることもある。今日みたいにTGVだけ走っていることもあったりして、よくわからない。
何か、それぞれの運転手が勝手に休んだりしているんじゃないかと思うくらいだ。
だけど、利用者に取ってはその不確実さが一番困る。従って一番効果的なのかも。
ただ、そんな深読みをしているのは日本人くらいで、こっちの人はストとはこういうものだから、仕方ないねぇ・・・程度にしか考えていないみたいだ。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

カンヌの車窓から

TGV車内
GRD2

映画祭の期間中、カンヌのホテルの値段が高騰する。
一泊15万円なんてざらである。しかもどこも10泊以上のセットでしか予約を取らない。
元々値段の高い部屋ならともかく、映画祭期間以外は2、3万円のホテルだから、何だかばかばかしい。
そんな訳で、ちょっと離れた町にホテルをとって、毎日電車で通っている。
今朝は、電車を一本やり過ごして、TGVに乗ってみた。
2等とはいえ広い車内、テーブル・・・気分は「世界の車窓から」なのだ。

でも、乗車時間はたった8分。「世界の車窓から」2本分の時間。
鉄道旅好きとしては、ちょっと欲求不満なので、15両前の先頭車両を写真に収めに行ってみた。

TGV外観


き・汚い!
写真ではよくわからないかもしれないが、ホコリと泥とサビで醜いこと甚だしい。
地元の人はこれが当然だと思っているようだけど。何か、見なきゃよかった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

カンヌの人

カンヌの人
GRD2

映画祭期間中ということもあって、カンヌの町は人が多い。
もちろん世界中から集まった映画関係者やファンが中心で、地元の人ではない。
だけど、ところどころにそんな我々をみている地元の人がいる。
ずっと同じ場所にたたずんだり、座ったり、あまりに長い時間そこにいるので、何をしている人だろう?とも思うのだけれど、それ以上に風景の一部として街並に溶け込んでいることに感心する。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

カンヌの空

カンヌの空
GRD2

カンヌの取材先には、世界の金持ちたちが続々とヘリでやってくる。それはそれで目立つし、すごいと思うのだが、私が本当にいいなぁと思うのは・・・

カンヌ港


豪華なクルーザーやヨットで、何人ものクルーと食事係とお世話係を従えてやってきて、映画祭が終わるまでカンヌ港に停泊させている人だと思う。

GRブログ「空」にエントリーします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。

雨の日特典

坂本ダムの放水
GRD2

撮影前日から雨が降り続いていたのだけれど、おかげでこんな風景を見ることができた。

※とりあえずカンヌに着いた。明日からカンヌの写真をUPします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

カンヌへ

偽カンヌ
GRD2

今日から地中海のリゾート地カンヌへ出張です。
ホテルにWiFiがあるので、いい写真が撮れたらエントリーします。
自動更新もセットしてありますので、毎日何らかの更新はあるかと。(何だ?この高いモチベーションは)
ただ、トラックバックとかPINGは流れないかもしれないので(ブログ村はOKなのかな?)、ぜひこの機会にブックマークを!

あ・・・この写真は世田谷のハウススタジオです。念のため。

(台風だけどちゃんと行けるのかなぁ・・・?)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←留守の間もランキングにご協力よろしくお願いします。

歴史を刻む水車

金湯館の水車
GRD2

いつもの温泉旅行メンバーで、長野と群馬の県境にある温泉に行った。
車のすれ違いもできないようなダートを走ってたどり着くこの秘湯旅館の歴史は古い。
メンバーのひとりは40年前にもこの旅館に泊まった事があって、当時の写真を携えての訪問だった。そこ写っていたのがこの水車。今も健在だった。
旅館のおばあちゃんも思わぬ写真の登場に喜んだのだけれど、実はこの日、偶然にも50年前の写真を持ってきた方がいらしたという。奧から持ってきたその白黒写真に写っていたのもやはりこの水車。

今は動力源としては使用されず、ただ回っているだけのこの水車だけれど、回り続けることでここを訪れた人に思い出を刻みつけるという、重要な役割を果たしているみたいだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければクリックを!

口実

MBA
GRD2

来週海外出張があるので、それを口実にMacBook Airを買った。
いきなり海外に持って行くのも何なので、使い勝手を調べるべく、新幹線の中や、近所のカフェや、公園のベンチや、神社の境内なんかで使ってみた。

ストレージの容量の関係で、ソフトを厳選してインストールすることになるので、動作が軽く、快適。バッテリーも実働で3時間持つ。
ただ、バッグに入れて持ち歩いてみると、店頭で触ったときのイメージと違って、ちょっと重さを感じる。

それと、やはりWiFiだけでは、国内だとちょっと不便だ。Macは対応するFOMAデータカードもないので、外出先でインターネットにアクセスできないことが多い。イーモバイルは、対応する機器があるが、サービスエリアがねぇ・・・。

テストだからと、MacBook Airを持ち歩いたおかげで、気がついたらいつもよりずいぶん仕事がはかどっていた。物欲と仕事のモチベーションがうまく合致したんだなぁ・・・というのは苦実に対する言い訳。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加中です。よろしければひと押しお願いします。

新宿西口

モード学園
GRD2
奇抜なことで群を抜く学校が建てているビル。8月完成予定だそうだ。
新宿西口といえばヨドバシカメラだったのは、もう過去の話。
今は閑散としてしまったこの通りも、やがて奇抜な学生に占拠されるのか。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加中です。よろしければひと押しお願いします。

名古屋でとまどう

名古屋テレビ塔
GRD2

夕方から名古屋で打ち合わせ。1時間の滞在で東京へ戻ってきた。

名古屋のテレビ塔って、すごく地味だと思う。いや斬新なのか?じっと見ているとわからなくなってくる。
金のしゃちほこ、天むす、みそカツ、味噌煮込みうどん、ういろう・・・。
世間とちょっと違っているその方向性をどう考えるべきなのか、いつも迷わされる。
それが名古屋だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

とらえどころのない花

アルペンローゼ
EOS 5D+EF24-105mm F4L

山頂周辺ではこんな花が満開だ。
華やかなのだけれどしわくちゃで形もはっきりしない。おまけに色が鮮やかすぎて太陽の下では凝視できない。どうにもとらえどころのない花だ。
とりあえず写真に撮っておいてあとで名前を調べればいいや。どうせツツジの仲間だろうし・・・。なんて気楽に考えていたのだけれど、いくら調べてもわからない。ツツジは亜種や観賞用の品種改良などで種類が多すぎるのだ。

結局この花を手入れしている方に電話で聞いた。
「アルペンローゼ」というそうだ。
で、もう一度GOOGLEしてみると、埼玉の公務員団体の愛称だったり、化粧品の名前だったり、パン屋の名前だったりして、この花の正体にはなかなかたどり着かない。
名前がわかってもなお、とらえどころのない花なのだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

浅間山

浅間山
EOS 5D+EF24-105mm F4L

私が山頂に引っ越してきた理由のひとつは、この山の近くに住みたかったからだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

ゴルフ場模型

ゴルフ場模型風
EOS 5D+EF 70-200mm F4L

山頂は雨。外に出られないので…。
一度やってみたかったんです、これ。
それにしてもゴールデンウイークだというのに人がいないな、このゴルフ場。

やり方は葱さんのブログを参考にしました。ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

3色の花が咲く木

3色桃
GRD2

え?!
思わず50m程行き過ぎた車をバックさせ確認した。1本の木から3色の花が咲いているのである。
商店街のぼんぼりじゃあるまいし…と思ったのだけれど、調べてみると実際にあるらしい。
しだれ桃の一種「南京桃」。物珍しさで付けられたことが想像できる名前だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ご協力お願いします。

遅咲きのメリット

湯川の桜
EOS 5D+EF70-200mm F4L

山頂の家の近所には、いわゆる「桜の名所」はない。年間800万人もやってくる観光客の中に、桜をお目当てにしているひとはほとんどいないと思う。
何せ春が来るのが遅いから、このあたりに桜が咲く頃には、もうみんな飽きちゃっているのだろう。「え?まだ桜が咲いてるの?」と驚く程度で、その下で宴会をやろうなんて考える観光客はいないのだ。

そのおかげで、私たちは静かに桜を楽しむことができる。
それぞれの、小さなとっておきの場所で…。

小さな池と桜
GRD2

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。