ツツジと
GRD2

ツツジの赤。まさに目もくらむ。
でもまあ、これも手入れの産物で、わが山頂のツツジは、何年経っても垣根程度にしかならない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

ハナミズキ

ハナミズキ2本
GRD2

昨日の写真に写っていたピンクの花は、桜ではなくハナミズキ。
100年近く前に東京からワシントンに桜が贈られた際、そのお返しとして日本に持ち込まれた事は有名だ。
白、ピンクの他に、ちょっと派手目な色合いのものもある。

ハナミズキ赤
EOS 5D+EF24-105mmF4L

同じ仲間でも、ハナミズキとミズキはだいぶ趣が異なる。
山頂の庭に巨大なミズキがあるのだけれど、こちらは白く清楚な、ややもすると地味に見える花が咲く。葉の上に乗っかるような花で、しかも木の高さが20メートル以上。山頂なのでどこからも見下ろすことができないから、うまく写真に収めることができない。
花期は今からひと月後くらい。今年こそと策を練ってはいるのだけれど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。是非ご協力を!

フォーメーション

夫婦で写真
EOS 5D+EF24-105mmF4L / ハナミズキ

長年寝食を共にしてきた熟年夫婦のすばらしいフォーメーションと取るか、それとも、趣味は同じでも同じ画を撮るもんか!という意地の張り合いと取るか・・・。
それは、見る人の心を写す鏡でもあります。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。是非クリックを!

秘密の群生

ギョウジャニンニク
GRD2

今年も秘密の群生ができていた。
写真でわかる方はちょっと通。そう、幻の山菜ギョウジャニンニクだ。
その名の通り、周りの人にはご迷惑をおかけするが、おしたしにして良し、油炒めにして良し、醤油漬けにして良しのすばらしい山菜。
毎年必ず一株に一枚ずつ葉を残して収穫しているので、無事増え続けている。
多分、ゴールデンウイーク中が食べ頃かな。

桜、コブシ、ツツジなどの花々、カラマツ、ブナ、コナラの新緑、そしてギョウジャニンニクなどの山菜。ぜーんぶゴールデンウイークに集中する標高1000メートル。

待った甲斐がある遅い春なのだ。

*ギョウジャニンニクはスズランの葉と似ています。スズランには強い毒がありますので、間違えないよう、十分注意してください。それから、山中で見かけても根こそぎ取らないでね。たくさん食べるものじゃないから・・・。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ぜひひと押しお願いします。

Yellow

山吹
GRD2

「ヤマブキ色」の語源は、もちろんこの山吹。
桃色=ピンク、みかん色=オレンジなどと、日本の植物名を冠した色は別の言い方に置き換えられることが多いのに、この色だけは終始一貫して「ヤマブキ色」だ。
あまりにも色の名前と花の名前が結びつきすぎて、「ヤマブ黄色」じゃないかと思ってしまうのだけれど、どこにも「黄」の文字はない。

ちなみに「山吹」は英語で"a Japanese yellow rose"、「山吹色」は"bright yellow"だそうで、日本語は随分と繊細に、この花や色の雰囲気を表現しているなと、感心する。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←この花の数ほど投票があったらウレシイ。

シャガ

シャガ
GRD2

都内某所で撮影。
近所のオジサンに場所は他人に教えるなときつく言われた。盗掘が絶えないらしい。
シャガというこの花、種も球根も作らないので、別の場所で育てるには株を分けるしかないのだ。
それでいて、中国原産なのに今は日本全国に分布しているという。活きたままの状態を人の手で移植していくしか拡散の方法がないわけだから、盗掘の歴史もさぞかし長いのだろう。

花は1日しか持たないそうで、花の形同様、不安定ではかない植物だ。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

山の一番桜

山頂のソメイヨシノ
GRD2
山頂の我が家から標高差で100メートルほど下ったところにあるソメイヨシノに、一輪だけ花が咲いた。(4月20日昼頃)
このつぼみの様子だと、例年通り見頃はゴールデンウイーク。

仕事仲間からは「東京と山頂で違う時期に桜が楽しめて2度美味しいね」と言われるが、実は違う。4月から5月の初めまで、標高1000メートルの我が家から東京に降りてくるまでのどこかで、必ず満開の桜が見られるのだ。
つまり、通勤生活をしていると「ひと月に30度美味しい」ということ。

ちなみに昨日の午後は、峠の途中、標高600メートルあたりで、集落を覆う様に咲く桜が満開だった。休日で交通量が多く、写真が撮れなかったのが残念。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。今さらながらの桜ですが、是非ひと押し!

山頂の花束

山頂の花束
GRD2
東京ではすでに新緑すら目立たない季節になりつつあるけれど、山頂ではようやく冬枯れの景色に命の片鱗が見え隠れするようになってきたばかり。
12月から4月までは、景色の変化といえば雪が降ることくらい。そんな季節に別れを告げる、山頂の小さな花束。
あと10日もすると、遅い春を取り戻すように、様々な彩りが一斉に山を覆いはじめる。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

食事の作法

イカル
EOS 20D ちゃんと見張り役がいる

山頂の自宅では、冬の間だけ鳥のえさ箱を置く。

餌が入ると真っ先に気付くのは、いつもこまめにパトロールをしているカラ類。シジュウカラとかゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラなど…。スズメよりひとまわり小さな鳥たちが交互に餌をつまんでは近くの木の枝に移動して食べる。セルフサービスのファストフードか、社食みたいな感じだ。

しばらくするとこのイカルたちの天下になる。大きさははカラ類の3倍くらい。一羽が餌を見つけると、大声で「イカルルル…」と鳴いて、他のイカル達に餌の存在を知らせる。
で、程なくこの有様。排他的なのでカラ達は遠巻きに見ているしかない。
しかも他の鳥たちと違って、ここに陣取ったまま餌が無くなるまで喰う。カウンタに陣取った強面のオニイサン達である。

コイツら、写真も撮らせてくれない。家の中からこっそりレンズを覗かせても、すぐに気付いて霧散してしまうのだ。

えさ箱を置いている以上、追っ払うわけにも行かないのだけれど、カラ類だけなら1週間は保つ餌を半日で食べ尽くす彼等には、ちょっと閉口する。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。イカルの皆さんもクリックよろしく。

どんぐり山の森

ドングリ山の森の木々

どんぐり山の森のベンチ
GRD2

自動車の整備に練馬に行った。
待ち時間の間に、周辺を散歩。
たどり着いたのは「どんぐり山の森緑地」。
なんかノスタルジックな言葉を集めすぎた感がないでもないが、
それはともかく、実に気持ちがいい。
何がいいって、人けがないのがいい。
いつの間にか、緑がこぼれ落ちる季節になっている。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ハイ、大きく息を吸って~1,2,ポチ

撮影会ノ心得

分かれ道
GRD2 (念のため人物にはマスク処理をしています)

昨日に引き続き、神楽坂で開催されたGR DIGITAL撮影会から。
この手の催しは初めてだったのだけれど、参加してわかった私流「撮影会ノ心得」

其ノ一:事前に準備するべし
その日の方針、天候・対象を決め、それらに合わせカメラの基本セッティングをしておく。撮影後に、先生や参加者の皆さんに講評してもらう貴重なチャンスがある。作品は、会場ですぐにプリントアウトするので、迷ったらルーズに撮っておいてあとから補正しようなんていうわけにいかない。ホワイトバランス、絞り、画質を駆使して、作品をその場で完成させる必要がある。
つまり、私みたいなRAWな性格丸出しではダメなのね。

其ノ二:その上でいろいろと試してみるべし
事前に決めた基本セッティングにこだわらず、いろいろ試してみる。
基本セッティングで何枚か押さえておけば、あとは余裕を持って面白い試みができる。

神楽坂の窓辺

其ノ三:ヨリ中心の画作りするべし
大勢が一緒に移動するので、広い画はとれない。
その場の雰囲気を表現できる道ばたの小物などを求めてキョロキョロするべし。

其ノ四:会の後の予定は開けておくべし
有志で楽しそうな食事会があったのだけれど、私は地元のお祭りがあって参加できなかったのが残念。

まあ、1,2は、普段から当然するべき事かもしれないけれど、達人諸氏は以上全てを実践されていた。今後は私もこれらを実践して、撮影会に臨もうと思う。(特に4ね)

神楽坂の猫
しまった!鼻ビンだ

神楽坂の路地

とても楽しく有意義な半日。小澤先生、スタッフの皆さん、参加された方々本当にありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければひと押しお願いします。

私もいました! GR DIGITAL撮影会@神楽坂

毘沙門天
毘沙門天の力こぶ・・・まずは名刺代わりです

東京の家の近くで、第2回GR DIGITAL撮影会が開かれた。
幸いにも抽選に当たったのだけれど、何せこのような催しに参加するのは初めて。
講師の小澤先生、参加者の皆さんから、写真を撮るとき、見るときに考えるべき事・心構えなどをいろいろと教えていただいた。
皆さん、ありがとうございました。

神楽坂の花1

自分の写真を3枚選んでプリントするのだけれど、これが難しい作業だった。いくら大きく高画質になったとはいえ、カメラの液晶では、細かい部分までよくわからない。

神楽坂の花2

それと、デジタルになって、いつの間にか補正を前提とした撮影になっている自分を発見。まあ、それはそれで間違っているとは思わないけれど、基本はあくまでも現地での撮影であることを忘れないようにしなければ・・・。

神楽坂の花3

神楽坂の花4


明日は、私流「撮影会ノ心得」でエントリーします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。よろしければクリックを!

BIRUMA/DE/SENTAKU

洗濯
GRD2

ATOK2007 for Macで一括変換。
「ビルマの選択」
助詞を変えてもう一度・・・
「ビルまで洗濯」

どちらも使いそうな変換だが、主(私のことですね)の意図とは違う。
「ビル間」と出したかったのだけど・・・。

やむなく単語変換をしているうちに、こんな風にも変換された。
 「BURMA/で/洗濯」

でも、<BURMA=ブルマ>じゃありません。残念でした(って何が?)


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←こんな私ですが、ランキングにぜひ・・・。

Tower

窓に映る東京タワー
GRD2

我々の業界で、窓から東京タワーが見える部屋に住むのが流行った時代があった。25年くらい前、バブル絶頂期のことだ。
夜な夜な赤坂・六本木を回って、最後は彼等の部屋へ。朝まで雑魚寝して、そのまま仕事場へ。そんな繰り返しの日々。今思えば何が楽しかったのか・・・。

当時よく遊びに来たマンションが、確かこのあたりだったと思うのだけど。いやこんなに東京タワーに近かったかな?
もちろん、このあたりに住んでいた彼等は、誰ひとり残っていない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

九段坂

九段坂
GRD2

千鳥ヶ淵や靖国神社、北の丸公園などに囲まれた九段坂。
桜は終わり、今は菜の花、スミレなどが目を引くけど、これらに気を取られているうちに、街路樹は新緑になっていた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ぜひクリックを!

撮影会が終了しましたので「GR DIGTAL撮影会の行われる神楽坂の天気情報」は、削除しました。
これからあちこちのBLOGで取り上げられると思いますが、とても有意義なイベントでした。講師の小澤先生、スタッフの皆さんありがとうございました。



耐用年数

東京タワーb
GRD2

30年くらい前、東京タワーの運営会社の社長がラジオで話していた。

「東京タワーの耐用年数は50年。それまでに建て替えをする必要があるのだが、鉄骨を1本抜いても倒れない構造になっているので、下から順番に新しいものに交換していく」

あまりにインパクトのある話だったので、鮮明に覚えているし、いろいろな人にこの蘊蓄を披露した。

で、今年は東京タワーができて50年。この交換工事はとうなっているのかと見に行った。
でも、抜けている鉄骨はなかったし、何か大がかりな作業をしている様子もない。
Googleで調べても、出ているのはデジタル化への対応工事の事ばかり。

数年前にデジタルアンテナを設置するための補強工事をしたそうだから、それで耐用年数が延びたのだろうか。鉄骨を一本ずつ抜いて、急いで新しいものと交換する、そんな工事をぜひ見てみたかったのだけれど。
それとも、あの社長の話自体・・・?


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。清き1票を!

RAWな性格?

北の丸公園RAW
GRD2 RAW撮影 Lightroomで現像

天気がさえないので、生まれて初めてRAWで撮影してみた。場所は北の丸公園。

事務所のスタッフは、私はこれまでもRAWで撮っていると信じて疑わなかったらしい。私って「そういう性格」なんだそうだ。

RAWな性格?なんだそりゃ?
週末にじっくりと考えてみたい。
(ん?これがRAWということなのか・・・)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加しています。応援よろしく!

天空パワー/桜の色

手違いがあって、本日2度目の更新。
白い桜
EOS 5D+EF24-105mm F4L

東京ではすっかり終わった桜。撮り貯めた写真を整理中。
先週末に撮ったこの桜、花が真っ白だった。
色が白いのは、酸性雨の影響だとか、木の寿命が近いとか、土の性質の問題だとかいろいろな説がある。
この桜に関しては、まだ若い木のようなので寿命ということはないと思う。酸性雨と土壌の問題は、わからない。

真っ白い桜をバックにピンクの和服。良い記念写真になりそうですね。

■以下、一回目の更新です。
穴八幡のクスノキ
GRD2

早稲田・穴八幡宮のクスノキ。
近くを通るだけでその存在感に圧倒される。
天空のパワーを一手に集め、オーラの固まりと化しているようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ひとクリックお願いします。

京風

門前仲町
GRD2/門前仲町

門前仲町が好きだ。
銀座などの都心からさほど遠くないのに下町情緒あふれる街並み。いつ訪れても商店街は活気に満ちている。大きなお寺や神社が多く、緑や花の見どころもある。
深川丼に揚げまんじゅう、せんべいや和菓子など名物としては結構いける食べ物が目白押しだが、そんな中でも私が好きなのは、「近為」の漬け物とぶぶ茶漬け。もっともこれらは元々京都の名物なのだけれど。
そんな近為人気を意識してか、京都風のアレンジをする店もちらほら。それはそれで、東京では一風変わった雰囲気で楽しいのだ。

*「和風の店でワッフルって面白いよね」と妻に言ったら「なぜ買ってこない!」と責められた。なるほど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。応援よろしく!です。

主役交代

主役交代
GRD2(2枚とも)

                さて、主役交代。


ありがとう


           最後まで楽しませてくれてありがとう。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。も、もしかしてベスト10入りもあり? よろしくお願いします。

名を名乗れ!

月島B
GRD2/月島

本日2回目の更新。1回目の記事はこちらから・・・

あわただしく打ち合わせに向かう朝。
何も変わったことのない平和な日常を約束しているような景色で、落ち着きを取り戻す。

ところで、地図を見るとこのあたりの水路には名前がない。

世の中ほとんどの川には名前があるけれど、陸地が普通の場所で川は特殊な場所という、どことなく陸地優先(つまり人の暮らし優先)思想みたいなものが見え隠れする。

だけどここは、東京湾の最奥部。元々水面だったところを埋め立てたわけだから、水の方に敬意を表して、陸地側が名を名乗っているといったところだろうか。「月島」。水に浮かぶ陸地を名乗るその潔さが気持ちいい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。御居湯力お願いします。

桜・菜の花・総武線

桜・菜の花・総武線
EOS 5D+EF50mm F1.4

菜の花といえば房総半島。東京と千葉を結ぶ総武線の黄色は菜の花の色だと勝手に思っていたのだけれど、調べてみるとそのような記述は見つからない。
ついでに書くと、山手線は山の緑、京浜東北線は海の青、中央線は夕日のオレンジ・・・全部私の妄想???

菜の花&総武線
EOS 5D+EF24-105mm F4L

ところで、房総半島では1月から菜の花が咲いている。ということは桜よりはるかに先だ。だけど東京では桜の方が先。
このあたりの違いはどこからくるのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ご協力を!

コラボレーション

大横川の桜
GRD2/深川・大横川

ちょうどお昼時だったので、地下鉄の乗換駅で当てずっぽうに外に出てみた。
地下から出ると、賑やかな商店街。そこから一歩裏道に入ってみて思わず歓声を上げた。ちょうど満開から散り始めの華やかなソメイヨシノが水路沿いにどこまでも続いている。

場所は深川。水運のために人工的に造られた水路は流れが緩やかだから、落ちたばかりの花びらは、いつまでもその場に漂う。それでいて、潮の満ち引きが一日2回いろいろな汚れをきれいに洗い流してくれるのだから、何とすばらしいことか・・・。

山の自然あふれる渓流も良いけど、海に近い水路の人工と自然のコラボレーションもたいしたものだと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング上昇中です。今日もよろしくお願いします。

今日もメタボカメラ

イギリス大使館前の桜
GRD2/千代田区・イギリス大使館前

少し時間があったのと、電車の乗り継ぎが面倒だったので、カメラ片手に歩いて打ち合わせに向かった。メタボ対策と思うとナンだけど、カメラ散歩だとあまり苦にはならない。

山頂に家を建てようと決めたとき、妻を説得するネタのひとつに、私の腹回り対策があった。
山頂の標高は1000m。ここでは東京でするのと同じ運動量でも消費カロリーが数倍多いらしい。毎日がいわゆる高所トレーニングで、これはきっと私のお腹にも良い!というのが、ロジックだった。おまけに空気も良いし、汗をかいてもベタベタしない。最高の環境だ!と。

やがて山頂に自宅が完成。きれいな空気、爽やかな風、起伏の多い道・・・というのは予想通りだったのだが、そこには大きな誤算があった。
それは、空気が旨いということは、何を食べても美味しく感じるという事実。おまけに、爽やかな乾いた気候で飲むビールは最高。春から秋にかけて連日やってくるお客達との宴...etc。

かくして、(多分)増加した消費カロリーを上回るカロリー摂取が続き、「高所トレーニングで楽してダイエット」の夢は無惨にも打ち砕かれた。で、結局今日もこうして街の排気ガスの中、カメラ片手にメタボ散歩をしている次第。ああ・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。応援よろしく!

メタボカメラ

南部坂
GRD2/赤坂・南部坂
メタボ検診なる余計なお世話な制度が始まったからではないが、多少はお腹を引っ込めるための努力でもしようかと、時間があるときには歩く事が多くなった。

打ち合わせが早く終わったりすると、とりあえず事務所の方角に向かって歩き出す。
ルートは無限にある。広い道を避けて、写真を撮りながら路地をブラブラ。
東京は坂が多いなぁ。でも、もし途中で疲れても近くに地下鉄の駅があるし、タクシーだっていくらでも走っている。そう思うと結構気楽に歩くことができる。

これが、山頂の家のあたりではそうは行かない。途中でくじけたりしても、自力で出発点まで戻るか、気を奮い立たせて最後まで歩き通すしかない。それができないと「遭難」である。明日の新聞に「無謀なメタボ中年男、無計画な山歩き」などと出てしまう。たかがクリーニング屋の帰りなのであるが。

まあ、それくらいの荒療治でないと私のメタボ脱出は難しいから、山の厳しさも必要なのだけれど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします!

サクラVSコブシ

穴八幡のコブシ
GRD2

ほぼ同時期に花開くサクラとコブシ。
街では、コブシの花は桜に押されて地味な印象がある。しかし山頂では、桜よりコブシの方が派手だったりする。

山頂の桜はヤマザクラが中心。ヤマザクラは花が咲くときに同時に葉が出てしまうので、街のソメイヨシノのような華やかさがないのだ。そのソメイヨシノでさえも、山頂では気候の関係か、やはり花と葉が同時に開いてしまう傾向がある。
コブシも花と葉が同時ではあるが、花に比べて葉が小さい。そのあたりが山頂の桜と比べて目を引く理由だ。

ずれにせよ、山頂の花はまだ先。今は最後の雪景色を楽しむ季節だ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

山の商店街

軽井沢銀座2
GRD2(写真1,2)
久々に山の商店街に行った。
商店街と言っても、ほとんど観光客に占領されている。以前はゴールデンウイークと夏休みぐらいだったのだが、今は一年中この状態。

軽井沢銀座1

だから年に数回しか行かない。行っても30分くらいで退散。

神宮寺の桜
EOS 5D+EF17-40mm F4L
でも、もう少し暖かくなったら、商店街の奥のお寺にある樹齢400年のしだれ桜だけは見たい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキングにご協力お願いします!