鳩山記念館

鳩山記念館1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

今年最後の更新は音羽にある鳩山記念館、別名鳩山御殿。

鳩山記念館2
LEICA Q (TYP116)

1954年から56年まで首相を務めた鳩山一郎の屋敷を公開しているものだ。

鳩山記念館4
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

今の館長は、首相になってもお母ちゃんから小遣いをもらっていたという鳩山由紀夫。
いつの間にか政界を引退して、あいかわらず遺産で喰っている。

鳩山記念館3
LEICA Q (TYP116)

見どころは、ステンドグラス⋯かな。
執務室等にも興味深いものが展示されているけど、それらの部屋は撮影禁止。

鳩山記念館5
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

個人の運営なので管理が大変なのだろう。
禁止・注意事項の貼り紙がやたらと多いのは仕方ない。

鳩山記念館6

ちなみに1月、2月は休館だそうだ。

では皆様、良いお正月をお迎えください。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

東京スカイツリー

スカイツリー
LEICA Q (TYP116)

開業してもう6年半の東京スカイツリー。
恥ずかしながらというか、まだ上ったことがない。
ソラマチのビヤガーデンとかレストランは開業当初に何度か行ったけど、その後はパッタリ。
久々に近くに行ったので写真を撮ってみたけど、最新のタワーと特急列車の組み合わせでも、なぜか昭和を感じてしまうのは私の偏見か?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

享受

真田邸外観
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

訪れる人の少ないこの町の観光施設がこんなに充実しているのは、もちろん、2シリーズ前の大河ドラマ「真田丸」の影響だ。

真田邸廊下

台所
LEICA Q (TYP116)

町にはこの他にも立派な宝物館があって、放送終了後もかなりの観光客で賑わったらしい。
大河ドラマの経済効果は相変わらずすごい。

真田邸モニタ

施設内では説明用のビデオも上映しているが、その中身がなんともゴージャス!
空撮あり、たくさんのエキストラを使った戦のシーンありで、一観光施設が作れるグレードではないと思いきや⋯

真田ビデオクレジット

出た!NHK商法。
大河ドラマで使った映像を子会社に提供して、子会社が自治体からビデオ制作を請け負うパターン。
普通の映像制作会社にはできない荒技だ。

六文銭
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!