未完成な楽しみ

二台持ち
EOS 5D Mark IV+EF24-70mm F2.8II

単焦点カメラを持っての散歩にはRX100M5がお伴することが多くなった。
「もっと寄りたい」「もっと引きたい」・・・いざというときの押さえだ。
でも、実際にRX100M5が登場したことはない。
もともとM型ライカに単焦点レンズを数本持って出かけても、外でレンズ交換する事はほとんどなかったわけだから、その時の画角でどうにかしてしまうクセが付いている。
多少ならトリミングだって可能だ。
それでもどうにもならないときは・・・潔く諦める。
これもまたスナップ写真の楽しみかもしれない。
そう思いながらも今日も二台持ちで出かける未完成な私である。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

日の出前

海ほたるの朝
EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F4L IS

日の出直前の海ほたるサービスエリアから。
写真を撮っているときに質問されたのだけど、この場所では太陽が高速道路の先から昇ってくる事はない。
質問者は残念がっていたが、ここで真正面に朝日が昇ったらまぶしくて運転なんかしていられない。
意図してかどうかはわからないが、この道路は結構上手くできている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

弱点

沈下橋
EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F4L IS
※火曜日から続く水辺の写真は、栃木県の渡良瀬遊水地。

比較的被写体に恵まれた山頂の自宅の周辺だけど、水辺の風景には少し弱い。
山頂の街はもともと湿原地帯だから、今でも小さな池やじめじめした水たまりは残っている。
でも、埋め立てられて別荘地になっていたりして、広大なスカッとしたイメージの水辺は少ない。
もっとも都内と違って道路が渋滞しないので、車でちょっと走ればいくつかの湖やダム湖があるのが幸いだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!