変貌の街

渋谷の変貌1
LEICA M10-P+NOKTON40mm F1.2 Aspherical

今、都内で最も大きく変わろうとしている街、渋谷。

渋谷の変貌2

そもそも、駅がなくなっちゃう(線路ごと地下に移動した)なんて、変貌の域を超えている。

渋谷の変貌3

東横線の駅や線路の跡はすぐに新しいビルに・・・。

渋谷の変貌4

もともと人の入れ替わりの激しい街だから、すぐにこの景色が普通になって、床に記されたこの文字の意味もわからなくなるだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

赤い写真達

軽井沢の紅葉10
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

この時季の写真をサムネイルで見ると、どれも赤くて区別がつかない。

軽井沢の紅葉11

でもまぁ季節感ということでお許しを。

軽井沢の紅葉12

そして、山を下って紅葉がピークの所でスナップ写真を撮ってきたので、来週からはもっと赤くなります。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

勇気の50mm

軽井沢の紅葉7
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

「好きなレンズは?」と聞かれたら、間違いなく50mmと答える。
でも「旅行に1本だけ持っていくとしたら?」と聞かれたら即答できない。

軽井沢の紅葉8

今回は山頂の自宅近くだし、最悪また後で来ればいいと割り切って50mm一本を持ち出し・・・たかったが、やはりバッグには28mmレンズのついたライカQが待機していた。

軽井沢の紅葉9

結果的にライカQは使わなかったけど、一期一会の景色に50mm一本で立ち向かう勇気がない根性無しである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

山頂の街の紅葉をブラライカ

軽井沢の紅葉4
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

M10-Pで撮る紅葉はかなり派手目の発色。
ちょっと意外だ。

軽井沢の紅葉5

5Dでは彩度を少し上げたりするけど、M10-Pでは逆に少し下げたりしている。

軽井沢の紅葉6

例によってFC2のいい加減な画像処理で濁った色合いになっているが・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!