山頂の街の紅葉をブラライカ

軽井沢の紅葉4
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

M10-Pで撮る紅葉はかなり派手目の発色。
ちょっと意外だ。

軽井沢の紅葉5

5Dでは彩度を少し上げたりするけど、M10-Pでは逆に少し下げたりしている。

軽井沢の紅葉6

例によってFC2のいい加減な画像処理で濁った色合いになっているが・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

花園

花園五番街
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

ネーミングとはほど遠いイメージの飲み屋街。
いわゆるゴールデン街。

花園三番街

以前、2度だけこの中の店に連れてきて来られたことがある。
1度目は役者さんと。飲んでいてわかったのだけど、彼は実はゲイだった。
2度目は雑誌の編集者と。行ったのは高齢のゲイがやっているお店。
以来、私にとって花園といえばゲイなのだけど、実際はどうなのだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

強面

防衛省前
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

このバス停の前にある省庁から飛び出してきた坊主頭のゴツイおじさんが、赤信号をぶっちぎって道路を横断するのをボーッと見ていた。
でも、私の視線が気になったのか、3分の1くらい渡ったところで引き返した。
とりあえず「日本国の一大事」ということではなさそうだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

怪しいブラライカ

夜のレンズで神楽坂1
LEICA M10-P+NOKTON40mm F1.2 Aspherical

夜のレンズNOKTONを付けたカメラは、LEICA M10-P。
ステルス性を重視したシャッター音の極めて小さいカメラだ。

夜のレンズで神楽坂2

夜のレンズ+ステルスカメラ・・・なんか、怪しいことこの上ない。
パトロール中のお巡りさんに遭遇したら、思わず目をそらしてしまいそうである。

夜のレンズで神楽坂4

撮ったものを見せれば疑いは晴れるだろうが、高いカメラを持った下手くそなオジサンと思われるのも癪だ。

夜のレンズで神楽坂3

連行されるのを取るか、下手くその誹りを取るか・・・究極の選択。そんなことを考えながら夜の神楽坂をブラライカ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!